スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

出会う出来事の奥を探求する

1週間ぐらい前かな?小学校2年生のれいくんとお風呂場で以下のような会話をしました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

れいくん : なかのん、木の花祭りで鬼ら?

なかのん : そうだよ。れいくんも鬼ら?

れいくん : うん。

なかのん : 鬼ってどんな存在かな?

れいくん : みんなの間違えを正す存在。

なかのん : そうだね。みんなの間違えを正すからにもまずは自分を正さなければね。

れいくん : うん。

なかのん : 鬼の心を育むことが大切だよ。だから、忘れ物などしないようにしようね。

れいくん : うん。鬼になる。

☆彡 ☆彡 ☆彡

こんな会話を子どもとすると嬉しくなってこんなふうにブログで紹介したくなります。ですが、お風呂に出た後のれいくんの様子は相変わらずだらしのない態度で、いろいろな人に注意をされていました。それは大人の姿勢の鏡で、こうやってきれいな言葉を取り上げても、日常の姿勢が変わらなければ、ブログで紹介しても、それは表面を飾っているだけで何の意味もありません。それで結局、ブログに書くのは止めました。

・・・と言いながら今、ブログでこの会話を紹介しているのですが、その理由はこの記事を最後まで読んでいただけたらなんとなく伝わるのではないかと思います。なので、最後まで読んでみて下さいね。

話しは大きく変わって・・・

紙と文字の発明によって平面的思考が始まった。

いさどんはよくそう語ります。そして、平面的思考についてはこんなふうにも語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

3次元世界に暮らしながらも人間は物事を2元的に観ている。それは、出会うこととそれに対する自分の反応で物事を見ているから。それで平面的になっていく。だけれども、その奥にはこの世界を動かしている意志がある。出会うこととそれに対する自分の反応、そしてその奥にある意志。それらすべてを意識した時、この世界を立体的に観ることが出来る。

出会うことに反応することで人は一喜一憂する。それが人間で一喜一憂しなければ生きている意味がない。一喜一憂しながらも、出来事の奥にある意志を感じて、一喜一憂している自分を離れて観る。そして流れをいただいていく。それが生きていることの醍醐味で、人生に翻弄されずに楽しむことが出来るようになる。
☆彡 ☆彡 ☆彡

出会うことに反応する人間。その時、人は出会う出来事を固定して捉えています。

紙や文字が発明されることにより人は記録を取ることが出来るようになりました。一つの形にして残しておく。書かれた言葉は変化せずに残り続けます。それは変化を本質とするこの宇宙の法則からしたら異質なことなのだと思います。

固定された記録。それが人に囚われをもたらし、一喜一憂することになります。ですが、この世界で出会うことはすべてプロセスの中にあり、本来、固定はされずに流れ続けていくのです。出来事の奥にある意志を感じた時、その流れが見え、自分を固定から解放することが出来ます。

「記録」と似た言葉で「記憶」という言葉がありますが、人の記憶は記録と違い固定していません。心理学では、記憶が人の感情に左右されることが分かっていて、今の心の状態により過去の記憶は変わっていくのです。自分を解放すれば、記憶も世界に対して解放されます。

冒頭のれいくんとの会話も流れの中で生まれたものであり、それはその後のだらしのないれいくんも同様です。すべてが固定されることはありません。その奥には大きな広がりを持ちます。

言葉による「記録」はこの世界に打込まれた固定です。そして、それに引きずられ人は出来事を固定して捉えるようになります。そして、自分を固定していきます。ですが、奥に目を向けると一つの流れが見えてきます。そして固定された「記録」の捉え方も多様であることが分かります。固定の奥に変幻自在の解釈が存在し、すべてが変化し続けることが見えてくるのです。

出会う出来事の奥には自分の人間性があり、その奥には天の意志があります。そこを探求する時、なんでもない日常の奥にとっても深い世界が見えてきます。

もうじきアメリカでトランプ大統領が誕生します。トランプ氏は大統領就任前から様々な騒ぎを起こしていますが、その奥には現代の人々の人間性、そしてその奥には天の意志があります。ただ表面的な出来事を見て、右往左往するのではなく、それらを探求することによりとても豊かな世界が開かれわくわくします。僕ら、木の花ファミリーのみんなはそんな世界を感じています。

今年の木の花祭りは1月28日(土)の新月。もうじきです。

木の花祭りでは、みんなで歌い、舞い踊り、この世界の奥を探求し表現します。是非、遊びに来て下さいね(^-^)




コメント

人気の投稿(過去1年間)