スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

ささやかな動きの中に宇宙を感じる

例えばどんな感情が沸いてきたとしてもその感情から距離を置いておくこと。落ち込んだり悲しんだりというネガティブな感情ばかりでなく、喜んだり楽しんだりというポジティブな感情からも距離をおいておく。すべてから自由になりただただ湧いてきた感情を冷静に眺め楽しむこと。そこの価値判断は必要なくて、ただ自由であること。

こんなふうにしていると感情はすぐに変化していきます。どんな感情が沸いたとしても次の瞬間には別のものになっていくわけで、それほど気にすることはないのです。

感情はその瞬間の自分を表している。

ただそれだけです。

忙しい時に頼まれごとや電話が続き、自分の仕事に集中できない時、それは自分の心がそういう流れを生み出しているということ。

僕の心が仕事に集中する準備が整っていないのです。

心がすべてを創っている。

僕はそれを全面的に信じることに決めています。こんなことを書くと、自分の都合の良い現実を生み出せると勘違いをする人もいるかもしれませんが、これはそういうことではなく、起きる出来事をただただ自分の顕れとしていただくことなのです。そして、変化変容を本質として天の法則にすべてを委ねていきます。これは依存的な態度ではなく自らの意志を掛けた積極的な態度でもあります。

忙しい時に頼まれごとがあると焦る気持ちが生じてきます。でも焦る必要はありません。その頼まれごとは自分の心がまだ仕事に集中する準備が整っていないことを教えてくれているだけなのです。だからただ淡々と対応しながら自分の心を整えていきます。そうしていると仕事に集中する流れがやってきます。焦る気持ちはすぐに消えていきます。その感情は結局自分が生み出しているだけなのです。

別にこれはすべての頼まれごとに応じるのがよいというわけではありません。状況によっては断ります。ただその時、焦る気持ちはいらなくて、自分の感情を離れて状況を冷静に判断し決断すればよいのです。

自分自身を映画の中の主人公のように離れて眺める。映画の主人公の感情を追うように自分自身の感情を追っていく。そしてそれを楽しんでいます。ネガティブな感情もネガティブな状況も物語として捉えたら楽しいものです。そこから世界がどんなふうに展開するのかを眺めていればよいのです。

今年の立春正月を境にひっくり返った僕は、天の法則の下に生きています。それは失敗しないとか完璧とかいうことではなくて常に変化変容し続けるということです。

自分から世界を眺めて世界を変えようとしてもなかなか出来ませんが、世界から自分を眺めて自分を変えていくことは自分の意志で出来ることです。天の法則の側から自分を眺めて自分自身をその表現としていくこと。それは自分が変わった結果、起きる出来事はすべて天に委ねる生き方で、未来は常に分からないことなのです。

結末が分かった映画がつまらなくなるように人生も結果が分かるとつまらなくなります。面白さよりも自分の都合を優先すると先が知りたくなりますが、それは天の法則に対する信頼の欠如と言えます。

自分の存在はこの世界のありとあらゆるものにより生かされて存在しています。自分で生きているという錯覚を持つことが出来て、自分で人生を切り開くことも出来ますが、それは本当ではありません。その行動は天の手のひらの中で遊ばされている状態です。手のひらにいることに気づかず自分の想い、自分の想像という狭い範囲に世界を閉じ込めているのです。

天の存在に気付いたら、そして天にすべてを委ねたら、自分の人生は天そのものとなっていきます。その時、世界は自分の想像をはるかに超えるものとなり常に新鮮なものとなります。

どんなふうになるか全く予想が出来ない映画を楽しむように、宇宙の始まりから今に続く物語に参加しながら眺め楽しんでいます(^-^)

木の花ファミリーでは今、3月21日にオープンするカフェ&ショップ・ロータスランドの開店準備、そして開催中の1ヶ月間の真学校で賑やかな毎日を送っています。これは世界全体を物理的に眺めたら豆粒のような場所で起きているささやかな動きですが、大いなる流れが生み出したものだと感じています。

ささやかな動きの中に宇宙を感じる。

世界中の人々がそんな生き方をしたら、離れていても心は一つで共に一つの動きを生み出していけるのだと思います。そのためにはニュースで流れる情報を共有するように物理的な情報を共有する必要はなくて、ただただこの世界を生み出している一つの動きに意識を向けたらいいのです。

きっとそうだと思います。

だから天に意識を向けることは平和へ向けての一番の行動となるのです。

ロータスランドで提供予定の日替わりランチメニュー(500円)です。









コメント

人気の投稿(過去1年間)