木の花ファミリーは、一人一人独立した個人が集まり一つの経済を生み出しています。その暮らしは、とてもユニークで優しく本質的な平等が実現しています。天然循環法による恵みをいただき宇宙を語る木の花ファミリー。お金を通して心を表現していきます。

自分自身が永遠の表れであるように。




誕生日(3月7日)の前日、友人の川崎くんから以下のメッセージを貰いました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

誕生日明日かな。ちょっと早いけれどお祝いの言葉をお送りします。

Happy Birthday!! Whatever is beautiful, whatever meaningful, whatever gives you happiness.May all that be yours, today, tomorrow & forever .

(誕生日おめでとう!! すべて美しく、すべて意味があり、すべてがあなたに幸福をもたらします。今日と明日、そして永遠にそれらがあなたのものでありますように。)

☆彡 ☆彡 ☆彡

それに対して、僕は以下のように返信をしました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

どうもありがとう。自分自身が永遠の表れであるように。この瞬間のすべてに感謝し生きていきます。またいつか会おうね。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今年の誕生日は、立春正月にひっくり返った後、最初に迎えた誕生日。だからとても大きな節目として意識してきました。ひっくり返りとは立脚点の大転換。今までの僕は、自分の側から世界を眺め反応していましたが、今年の立春正月以後、僕は世界の側から自分を見て自分を楽しんでいるのです。僕は今、人生で一番の変化を経験していて新しい自分が誕生しているのです。

42歳。6×7。蒸して(6)成る(7)。まさにそんな感じです。

そんな誕生日の朝は、曇り空でした。曇り空を眺め、雲は人間の心だなと思いました。太陽というこの世界を生かしている法則があって、その前を浮かんでいる雲は光の反射によって様々な彩りを生み出します。それがこの世界の人間の心で日々変化しこの世界に様々な彩りを与えています。

空に彩りを与える雲(2016年10月撮影)
雲がいっぱいになると太陽は見えなくなりますが、それは人々が自分ごとで心をいっぱいにしていると法則が見えなくなるのと重なります。ですが、雲の向こうにはいつも太陽があり光を注いでいます。人々が自分ごとでいっぱいになっている時でも、その奥には必ず法則があって、それが人々を生かしてくれているのです。

そんな法則の一つが人は必ず死ぬということ。誕生日。この世に生を受けた記念日に死生観について触れることで、法則を生きていこうと思います。というわけでまずは昨年の11月に書いた「出会うことをいただいていく。」より以下の文章を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

私たちが「生きている状態」とは、肉体と魂が一体となって生命世界において循環している状態です。それに対して、「死ぬ」ということは、肉体と魂が分かれ、肉体は生態系の構成要素として3次元宇宙の中に、魂はそれぞれに相応しい異次元宇宙に還っていくことです。

このように捉えると、肉体は死を境に消滅してしまうわけではありません。人間や動物、植物といった、ひとつの生命としての一時的な姿が終わるに過ぎないのです。常に変わり続けるもの、それが3次元生命の姿です。

これに対して、3次元生命を生命として束ねているものが魂・霊性です。私たちは魂と肉体の分離を死と呼びますが、それは終わりであると同時に始まりでもあるのです。死によって肉体は生命としての循環の仕組みから解き放たれ、原子の単位となってこの世界へ散らばっていきます。一方、魂は新たな次元において次の旅の準備を始めるのです。

「死生観」という表現は、死を生の側からの視点だけで捉えた言葉であると言えます。しかし、生死を超えた視点から死を捉えると、死生観というように、生の奥に生を支える魂の世界が連綿と続いていることになります。つまり私たちの本来の姿は魂、霊性であり、いわゆる「死後の世界」こそが本来の居場所であることになるのです。つまり、私たちは生死を繰り返すことによって学び、本来のあるべき立ち位置に目覚めていくのです。ですから死とは、その学びの大切な節目なのです。



- - -

魂は生まれてきて自分に相応しい肉体と出会います。そして、両親に出会い、身内に出会い、友や仲間と出会って行きます。その中で感情が育まれていきます。すべては相応しく与えられる出会いであり、その出会いを通して魂は自分を知っていきます。

僕たちの本来の姿は魂です。肉体や感情は相応しく与えられるものであり、それを通して自分を知る材料であり、だからこそコントロールすることが出来、その変化を通して魂も変化していくのです。


この視点に気づいた時、魂はすべての出来事から離れ、自由となり∞(無限)の可能性へと開かれていきます。∞(無限)の世界の中で魂を成長させていく。それが心磨きです。


この視点は完全にニュートラル(中立・中庸)なものです。なぜなら魂の世界は人間社会の善悪や価値観を完全に超えた世界だからです。それらを超えた価値、あらゆる価値観を超えたニュートラルな価値があり、それを積み上げていく。それが魂の成長であり、心磨きです。


僕は今、こんなふうに感じています。


魂の成長。それはこの世界に本質に気付き、自由になっていくことであり、自らの思惑から解放されていくことです。それは今まで自分が身に着けてきた反応パターンのそぎ落としです。一つのパターンがそぎ落とされた時、自分自身の感情、そして出会う現実が変わっていきます。どんなふうに変わるかは変わってみなければ分かりません。だから、これは思惑を超えた世界であり、変化は自ずから起きるもの、変化を起こすのではなく、変化をいただく生き方なのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

ここで書いているように感情は出会いを通して育まれたものです。そして、それは思考も同様です。自らを分けると書く「自分」は、自らを世界から際立たせ、この世界に反応しますが、感情や思考はこの動きに沿って生まれています。この動きが世界に多様性という彩りを与えているのですが、動きが大き過ぎたり固定したりすると対立や孤独、分断となって表れます。それが現代社会の姿と言えます。

だからこの思考や感情の動きを見抜くことが大切で、それが出来た時、人は魂の位置に立ち自らを眺めることが出来ます。そしてその時、変化は自ずから生じ、すべての存在を繋いでいきます。これは世界の側に立つということです。なぜなら魂の世界は時空を超えて永遠無限にすべての存在を繋げているからです。

僕は魂の地点に立って、自らの思考と感情を見抜き、そして法則のままに生きてこの世界の豊かさを表現していきます。そんなふうに思った僕は、キッチンさんに木の花の暮らしの豊かさを表現する誕生日プレートをリクエストしました。そして出てきたのがこんなプレートです。

















とっても素敵な料理を作ってもらって胸がいっぱいになりました。そして、みんなで僕を囲んで写真を撮ってくれたのですが、「なかのん、誕生日おめでとう!!!」という声と共にみんなが拍手をしてくれました。それも思いがけなくて胸がいっぱいになりました。デザートはほとんど子どもにあげてしまったのですが、こうやって共有出来ることがただただ幸せでそのことも僕の胸をいっぱいにしました。僕は感動で満たされました。

変化変容を繰り返すこの世界の法則はみんなを幸せに繋いでいきます。それを邪魔するのは「自分が・・・」と際立つ心だけです。僕は魂の地点に立って、自分の思考や感情から自由となり法則のままに生きていきます。そしてみんなとその豊かさを表現して発信していきます。その時きっと自分自身が永遠の表れとなっていることでしょう。

そう、僕は永遠に続く宇宙です(^-^)

いや、「僕は・・・」ではなく「僕も・・・」ですね。
気付けばみんな永遠に続く宇宙、共に未知の道を旅しているのです。


0 コメント:

Your left Slidebar content. -->