スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

自我をなくすと優れた自分に出会える

先日、久しぶりにいさどんとじっくり話しをする機会がありました。いろいろなことを話したのですが、その中で印象に残っているのが「今の人は頭を使わない」といういさどんの言葉です。「頭を使わない」とはどういうことか?いさどんは以下のように言います。

☆彡 ☆彡 ☆彡

現代人はすごい頭を使っているようで、頭を使っていない。損得勘定などそういう思考はいっぱい使っているけれども、自分をチェックする機能が全くない。学校教育で知識を得て、毎日マスコミからたくさんの情報を得ているけれども、それが本当に必要なものなのか?自分の役に立っているのか?そういう検証はなされていない。その状態で魅力的なものはいっぱい情報として与えられ、欲望だけが膨らんでいく。だけれども、その欲が自分に何をもたらして結果的にどのようになっていくのか?そういうことを全く考えず条件反射で情報に翻弄されている状態。時代が変わろうが立場が変わろうが、変わらない大事がある。それは自分を見つめることで初めて見えてくる。

今、多くの人は無条件に出てくる自分の癖性分のままに行動し、自然や社会は危機的状況を迎えている。でも人はそのことを忘れていく。苦しむのが嫌だから。理由をつけたり、もしくは本能的に避けて何もなかったことにしている。例えば地球温暖化。警鐘を鳴らしているけれども日常生活はそのままで意識しているようには思えない。そして日本の借金。2060年には8,000兆円となるという試算が公表されているけれども、日本の政治家はそのことに向き合っているようには思えない。本当はそのことが常に頭のどこかにあって、それを踏まえて政策を考えなければならない。

これからますます自然災害などが起き、頭を使うこと、自然やものの流れを感じる力が求められるようになっていく。そうなっていかなければならない。だけれども人々にはその危機感が感じられない。これは時代の流れでもあり、人の成長への追い風なんだけれどもね。

人は本来、宇宙と一つ。その中で人類の歴史はほんの最近のことで、今の人生はその中のごくごく一部。魂は永続でずっと続いていく。それなのに、今の人生の目の前のことだけ見ていたらあまりにも視野が狭すぎる。そんな狭い視野で感情のままに思惑を巡らしても自分の価値は高まらない。魂は、生きているところから死の向こうへいく。そこを繋げなければ、実体の半分しか見えていないことになる。死の向こうまで伴える価値を積み上げる。本来、大切なのはそういうことで、それには自分を離れ広い視野に立つ必要がある。

☆彡 ☆彡 ☆彡

自我を持つ人間は自分の視点で世界を経験し、その中に閉じこもることが出来ます。それは文明社会を築き上げたことで自然のリズムを無視して生きる姿に重なります。そのような状態で自然環境は破壊され、人間社会も貧困や格差、分断や孤独など様々な問題が溢れ危機的状況を迎えています。ですが、人々は未だ自分視点で世界を眺め、情報の洪水の中、右往左往しているのです。

いかなる問題も、それをつくりだした時と同じ意識によって解決することはできない。

これはアインシュタインの言葉ですが、今の問題は人間の自我により生み出されたものです。それを自我により解決することは出来ないのです。今、多くの指導者が解決策を模索しても有効な手立てが生まれないのは、それが自我の延長から生まれていて、自分や人間の都合に基づくものだからです。

自我をなくすというのは、自分がなくなるということではなく、優れた自分と出会うこと。

いさどんはそんなふうに言います。

自らを分けると書く自分。自我は世界から自らを分けて際立たせ、そこで固定しようとします。そして、世界との繋がりを失っていきます。ですが、それは本来、波のようなもの。浮かんでは消えて、また浮かぶ。常に海全体の動きと連動し変化し続けるものなのです。

自我は波。自我をなくすとは波が海である自分に気づくということです。その時、大いなるものとの繋がりの中、安心して自分を表現することが出来ます。浮かんでは消える波の動きが海そのものの表現となるのです。

みんなが自我を超えた時に表現される世界。

それはすべての存在が繋がりの中で生かされる世界で、その中で、今ある問題はすべて解決されることでしょう。

いさどん@田楽祭田植え祭り



コメント

人気の投稿(過去1年間)