スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

本当の自分を生きる




この絵はボディマップと言って、2004年、ハワイ島の小田まゆみさんのところで描いたものです。大きな紙の上に寝て、自分の身体の輪郭をなぞってもらいます。それを見て、自由に絵を描きました。頭や顔の部分には星や月があり、境界がなく宇宙へと繋がっていて、そして身体に中は、心臓が太陽になっていて、そして同時に雨が降っていて、手足は土となり、その中には微生物がいて、木が生えています。自分自身が全宇宙、そして地球の表現となっていて、手には剣を持ち、執着を断ち切り、お尻からはしっぽが生えていて、孫悟空のように自由に飛び回ります。

7月4日、3年半ぶりに実家に帰った僕は、久しぶりにこの絵を眺めました。

この絵を見たまゆみさんは、僕に『プレアデスかく語りき』を読むように勧めて下さりました。

あなたは宇宙からのメッセージを感じるセンスがある。そんなにマニアックなものを読むことはないけれども、そういう方へ意識を持っていくといいと思う。

まゆみさんはそんなふうに語ってくれました。

自分自身が全宇宙であり、全世界。

そんな絵を描きましたが、当時の僕がそんなふうに生きたかというとそんなことはありません。自分ごとの世界の中に埋没していました。

自我は自分だけの納得を求め、そしてすべてを台無しにして来ました。

心の奥底から描いた本当の自分。それも自我から生まれる衝動や感情で壊されて行ったのです。

それは僕だけでなく、人類を見ても言えて、世界平和を求めながらも核を開発し続け、地球環境への警鐘が鳴らされる中、アメリカはパリ協定から離脱しました。自国の利益、自分の利益を求める姿勢が不合理な決断に繋がり、そして崇高な理念も壊していくのです。

今日は7月7日、七夕です。

2年前の今日、僕はいさどんと一緒に大町へ行き、以下の言葉を貰いました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

常に意識を全体性に持っていく必要があります。
あなたは今、個人的願望を抱えているわけだけれども、それをどう超えていくのか?
それが重要です。
個人的願望が全体性と共通していればいいのです。
例えば、個人的願望が宇宙の法に基づいていたら、それは理に適っていきます。
個人を高めるためというならば、それは全体性を持つことが個人を高めることであり、
全体性と個人は本来、共通していることなのです。
ですが、個人が抜きん出てしまうと、天が「それは違う」と滞りを与えてくれるのです。

心を磨いた結果出会うことがあります。願いが叶わない状態も自分を高める要素です。
「はい!分かりました」と叶うようなことなら、その願いは本当に自分を高めません。

だから何より心を磨き続けることです。

そして、自分を高める努力をしていると、その努力したことでエネルギーが消費され、他のものはいらなくなります。いらなくなった状態をさらに超えた世界。共通の世界で極めていく世界がその次にあるのです。個人で高める努力から「みんなで」とか「一つになる」というところで極める世界があるのです。

それは前人未踏の世界。我々は前人未踏の世界を創らなければならないのです。



☆彡 ☆彡 ☆彡

あれから2年。心を磨き続けた僕は全く違った立ち位置にいます。

個人的願望は自我から生まれるものであり、本来の自分を台無しにするものです。だから、それを追い求めることはありません。自我から生まれる個人的願望。それは浮かんでは消え、また浮かぶ波のようなもの。それに翻弄されていては本当の自分を生きることは出来ません。

7月4日、3年半ぶりに実家に帰り父母と会いました。

自分の自我は主に父母との交流を通して育まれたものです。だから父母は自我を刺激するものですが、僕の中には何ら特別な動きはありませんでした。ただただ人として尊重し愛を向ける。それだけです。

本当の自分。それは自分だけの納得ではなくみんなの納得を生み出します。なぜなら、僕は宇宙そのものであり、全世界と一つだから。

2004年にハワイ島で描いた本当の自分。

今、その自分を生きる時が来たのです(^-^)

七夕の今日、本当の自分を生きることをあらためて決意します。

まゆみさんの絵(白多羅仏)



コメント

コメントを投稿

人気の投稿(過去1年間)