ラベル 時事問題(国際) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

うれしたのしの世界を生み出す

木の花ファミリー通信2017冬至号が発行されました。今回のファミリー通信は世界情勢をテーマにしていて、時代を大きな流れで捉える視点を提供すると共に、環境、農・食、経済、社会、政治、教育などの分野の現状の分析をしています。その中で政治についてはトランプ大統領に触れています。以下、その内容を転載します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

時代の申し子・トランプ米大統領の出現

時代は新たな価値観を求めている

アメリカの建国から約250年、ニューヨークに高層ビルが建てられるようになってから約130年。それは、46億年の地球の歴史からするとほんの少しの出来事ですが、素晴らしく発展したマンハッタンも、宇宙から観たら本来の自然の美しさが失われた皮膚癌の状態であり、それは地球の病巣とも言えるのです。

20121221日の「銀河の冬至」という大いなるターニングポイントを越えて光が差してきた今、そこで見えてきた本音が「アメリカファースト」です。その本家がイギリスであり、今、イギリスも「イギリスファースト」という姿勢を取っています。元々、アメリカという国家は度量の大きな他民族国家でした。ですから、アメリカは偉大な国だとされてきたのですが、その本音では自国の利益ばかりを求めていたのです。これまで公開されてこなかった過去の文書によると、アメリカは世界戦略として戦争をつくり、戦争によって繁栄してきた国だということが観えてきています。そして今や、アフリカやアジアといった貧しい国を搾取することによって栄えてきた国でもあるのですから、アメリカが世界の名士であるということは幻想にしか過ぎません。

自分たちが豊かになろうとする欲望の延長に、イギリスやアメリカが覇権主義で世界をリードし、その結果世界中の国々がそれに追随してきた時代が終焉を迎えている証として、トランプ大統領が誕生したとも言えるでしょう。時代が必要として産み出されたトランプ大統領には、既存の国家主義を壊すために大混乱を引き起こす重要な役割があるのです。そして、本来アメリカという国家は度量の大きな他民族国家なのですから、自分たちの欲を手放し、今まで抱えてきた富をこの世界に還元する時を迎えています。そのように、現代を生きる人々が地球レベルで世界のことを考え、人類の本来の目的に目覚めた時、地球に真の平和は訪れることでしょう。

☆彡 ☆彡 ☆彡

先日、国連総会の緊急会合が開かれ、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことに対して、認定の撤回を求める決議案が圧倒的多数で採択されました。採択に先立ち、トランプ大統領は決議案に賛成する国への支援を停止すると警告していましたが、多くの国はそれでも賛成票を投じました。トランプ大統領によるエルサレム首都認定の動機については、中間選挙での人気巻き返し、ロシア疑惑の話題を反らすためなどと報じられており、「アメリカファースト」どころか「トランプファースト」とも言える姿勢となっています。国が自国の利益ばかりを求めているのは、国を構成している人々が自分の利益ばかりを求めているからであり、そのような国民に選ばれた指導者が自分のことばかり考えているのはある意味当然と言えます。トランプ大統領は繕うことなくその姿勢を打ち出すことで既存の国家主義を壊すための役割となっているのでしょう。トランプ大統領の姿勢は人々の鏡であり、その姿から人々が自分の姿勢を改めることで今の混乱を抜け出し希望ある未来を生み出すことが出来るのです。

冬至の夜、木の花ファミリーでは富士浅間木の花祭りについてのプレゼンが行われ、その意味を共有しました。木の花祭りは鬼が主役のお祭りです。鬼は人々に忌み嫌われていますが、鬼は本来、人びとに道理を説く存在なのです。鬼についてカタカムナの単音で調べると以下のような意味となります。

「オ」 6方(前後左右上下)へ限りなく拡散、または凝縮する思念。大きい 重い 奥の方・潜象の場  ※潜象界とはカタカムナでは「ない世界」のこと

「二」 定着する

この意味を発展させて「いさどんと鬼の面」では鬼について以下のように説明しています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

「オニ」とはマクロにもミクロにも限りなく広がる現象界、および現象界の元になる潜象界をも含む、両方の世界の働き(仕組み)を定着させるものである。そして、「鬼が云う」と書いて「魂」となる。魂とはこの世界の仕組みのもとにある心で、鬼は人間に、この世界の道理を伝えるものなのである。

☆彡 ☆彡 ☆彡

「鬼が云う」で魂となります。ということは、鬼を忌み嫌っているということは自らの魂を忌み嫌っているのと同様なのです。自我を与えられ、この世界を自らと切り離して認識することが出来る人間は自分だけの世界を生み出します。それは宇宙と一体となった本来の自分(=魂)から離れた幻想の世界と言えます。多くの人が自我から世界を眺め世界と関わりますが、自分と世界を切り離しているため世界に認めてもらうためのアピールが必要となるのです。好き勝手に行動しているように思えるトランプ大統領ですが、中間選挙を意識し支持層にアピールをしています。それが本来の自分の望み、考えかどうかは関係がないのです。このトランプ大統領の姿は多くの人の日常の姿なのではないでしょうか?ここで2013年9月にいさどんと交わした会話を紹介します。


☆彡 ☆彡 ☆彡

なかのん:

質問があるんだけれども、自分らしく生きていることと自己主張をしていることの境界ってどこにあるのかな?

いさどん:

自己主張は主張でしょ?誰かに何かを主張している。分かって欲しいと求める対象がいる。自分らしく生きることには対象はない。ただただ淡々と生きているだけ。自分らしく生きている姿は美しく気持ちがいいけれども、自己主張は気持ちよくない。正直に生きていても、それが自己主張になってしまっている人がいる。それはアピールして人に分かって欲しいと求める気持があるため。そういう人は気持ちよくない。世界と自分、両方から離れて眺め、自己主張を超えていく必要がある。

なかのん:

何かを分かって欲しい気持ちがあるか?それが一つのチェックポイントになるんだろうね。僕は、自己主張はいろいろなところに入り込むって常々思っているんだ。例えば、一生懸命に働くことの中にも自己主張は入り込む余地がある。「俺はこれだけ仕事をしているんだぞー」みたいに。

いさどん:それは誰にアピールしているの?

なかのん:みんなかな・・・

いさどん:その時はみんなと自分を分けているんだよ。

なかのん:そうか・・・アピールするってことは分けているってことか・・・

いさどん:

そうだね。僕なんかそんな感じはまったくないよ。僕が淡々と仕事をすることは木の花全体の仕事を進めることで、全体に仕事が進むのは良いことだしね。

仕事に関しては、こんなことがあったんだ。今、家を建てているでしょ。その家の壁の漆喰塗りを進めようと思っていて、特に僕の部屋の部分は自分でしたいと思っていた。僕が一番丁寧に出来るし、これからずっと眺めるものだから。でも、普段から養蜂や面談などで忙しく、加えて、蜜蜂がスズメバチに襲われるなんていう突発的に事故が入ったりして、なかなか取り掛かることが出来なかった。そこでまっちゃんりょうちんが仕事を進めることになった。まあこれも流れかなと思っていた。これには良い面もあって、もし僕が漆喰塗りに取り掛かったら、僕が主となってやることになり、まっちゃんやりょうちんには従属する気持ちが生まれてしまう。でも、僕が取り掛かれなかったことで、2人とも主体性を持って伸び伸びと仕事に取り組んでいた。加えて、2人は僕の部屋の部分は後に取っておいてくれたので、時間が出来て僕が塗ることが出来た。僕は漆喰塗りを手放した。手放したらより良い形で僕がやる流れが来た。これは覚悟が出来ているから生まれる流れ。覚悟とは執着のない心。捕らわれない心。潔い心。覚悟が出来ていると、自分がやるべきことと手放すことの冷静な判断が出来て、結果良い流れを生み出す。

人間だから僕も人間的意識で物事を体験し捉える。と同時に上の意識でも物事を捉えている。日常生活の奥には現象を生み出すバイパスがあって、そこから物事を眺めているとすべての出来後が繋がってくる。この世界は一つだから現象の元を辿りバイパスに至ればすべての出来事が繋がっている。一人一人に相応しい現象が生まれるこの世界。生きてそれを味わい自分を知りあらためていく。それは一人一人オリジナルな体験で、いつでもどこでも出来る実践。お金も掛からなければ、誰かに頼る必要もない。日常の現象からただただ自分を知って改善していく。それは最も正攻法で手法もいらない、人生オール心磨きの実践と言える。

なかのん:

日常を眺める視点を頂いたように思える。背景に流れる意図を感じ、そこから眺める。そうすると一本の糸のようにすべての現象が繋がっていくように思えた。その視点を共有したい。

いさどん:

その視点をみんなで共有しようというのが、僕がずっと言ってきたこと。視点の位置は同じでも、みんなが僕の真似をするわけではない。それぞれの個性の応じた景色が見えてくる。独自の視点から流れを捉えることが出来る。それをみんなで共有することでこの場所はもっと豊かな場になっていく。これは現象を味わう身体を頂きながら、現象の作り手の位置へいこうとする道。人間でありながら、人間を超えていく道。


☆彡 ☆彡 ☆彡

アピールするということは自分と対象を分けているから。

それが自我を与えられた人間の日常の意識です。本来、自分らしく生きることに対象はないのに、分かって欲しいと対象を求めるようになります。そして本来の自分である魂を忘れていくのです。鬼が忌み嫌われている今の世の中は人々が本来の自分を失っていることの現れなのです。この状態では好きなように生きていても満たされることがありません。

日常の奥にある現象を生み出すバイパス。

それがこの世界の法則であり、天の意志であり、鬼が伝えてくれる道理です。そこに意識を向けることで、人は本来の自分、魂を取り戻せるのです。

鬼が主役の富士浅間木の花祭り。それは自我から生まれるアピールする心を忘れ、生まれ清まり舞い踊る、うれしたのしの地球のお祭りです。祭りの精神により本来の自分を取り戻すこと。それは自他の区別により分断が進んでいるこの世界に光を射しこみます。道理を大切にし本来の自分を取り戻すこと。それはどこでも誰でも出来る世直しであり、唯一の世直しの方法なのです。この世界で共に舞い踊りうれしたのしの世界を生み出しましょう(^-^)








突破口は気づきにある(4)

叶わぬ願いは自我(エゴ)から生まれていました。自我(エゴ)は自他を分けることで不足感を生み出し、欲しい心を育みますが、それは表面的なもので、僕の奥には宇宙の法則が流れています。そこから生まれるものが僕の本当の望みであり、それはきっとこれからすべて叶っていきます。というのは、そこには決まった形はなくただ探求があるだけだからです。

「こうなって欲しい」とか「ああなって欲しい」とかそういう望みではなく、ただ湧いてきた想いに基づき行動し、その結果から自分を知っていく。そう、それはただの探求なのです。特定の願いを叶えるのではなくただただ探究していくだけ。それが望みだからすべて望みは叶うのです(^-^)


それは法則と共に生きて法則から学ぶ人生です。その法則は宇宙の法則だから、僕は宇宙と共に生きているのです。





☆彡 ☆彡 ☆彡

上記は1年前のこの時期に書いた文章です。ただ探求していく。僕はあれから1年探求を続けたことになりますが、探求したものは次の瞬間過去のものとなり、そして経験として蓄積されます。蓄積された経験は生きる力となっていきますが、同時に囚われを生み出すこともあります。人間は経験に基づいて思考しますが、それが「分かった」という思い込みに繋がると世界を狭くしていくのです。いさどんはそのことについて以下のように語ります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

人間以外に経験をもとにした思考で生きているものはいない。人間以外のものは、その瞬間瞬間を生きているだけなんだよ。それは思考をめぐらさない状態なんだよ。しかし、人間はそこに思考をめぐらすから、思考の上で結論を出そうとし、常にわかるものでありたいと思うんだよ。この世界に存在する人間を含めたすべてのものは、わからない未来に向かって進んでいる。これからの時代を生きる人々にはその謙虚さが必要なんだよ。

今、時代は新しいものを必要としている。古い形骸化したものの中にあり続けるとしたならば、それは自らに真実をもたらすことを拒む自我の汚れのようなもの。ただいつの時代もどんな教えも、今までの教えをすべて壊し、新たな価値観を生み出してきたのだから、今という時はその新しいものが生まれるチャンスなんだよ。

物事の真実を観る眼を育てないといけない。観る眼がないものがどんなに真実だと言っても、それはその目に見えるものの位置でしかない。だからこそ常に最先端を語るものは、その目に見えるものが常に変わり続けなきゃいけないということなんだよ。みえない流れがこの世界の奥に流れている。その流れを感じ取り、それと共に生きていく。それを常に感じて生きていく姿勢が必要なんだよ。それが、これから30世紀に向けて人類が歩む進化の姿だよ。

☆彡 ☆彡 ☆彡

変化変容がこの世界の本質であり自分も世界も変化し続けます。ですが、経験を積むことで「分かった」気になると、思考が固定し自分や世界を固定します。それが停滞へと繋がっていくのです。だから常に探求し続けることが大切です。

今、自分が真実だと思っていることは今の自分の位置から見える真実です。評価は視点が変わればいくらでも変化していきます。世界を脅威にさらしている北朝鮮の核・ミサイル実験は、北朝鮮からしたら「帝国主義を叩き潰す正義の核の宝剣」となり国威発揚に使われます。だから評価を求めることにはあまり意味がありません。大切なのは事実に即して考えることで、北朝鮮の核・ミサイル実験で言ったら、それが世界を脅威にさらしていて、歴史を辿れば、それは北朝鮮だけの責任ではなくアメリカや日本、韓国、中国、ロシア、関係する国々みんなで生み出しているということです。善悪という評価を超えて事実に即して考えていけば、出来事の奥を探求していくことが出来ます。そしてそこには時代が生み出す流れがあるのです。それが何かを探求し続けることが突破口となっていきます。

突破口は気づきにある

気づきとは変遷を見ていく姿勢から生まれるものであり、それには自分の立場を離れる必要があります。変化変容が世界の本質だから、出来事も常に変化し続けます。その変遷を見ていき、その奥の流れを感じてそこから表現していく。そうすることでそれぞれの立場を超えて未来に繋がる真実を語ることが出来ます。それは固定した回答を出すことではなくて、未来へ繋がる変化を生み出す探求なのです。

突破口は気づきにある

だから僕はその突破口に向けて探求し続けます。




心の水爆を爆発させ水爆をなくす

先日、「意識とは量子フィールドである」という記事を読みました。とても興味深かったので、ここに全文を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

ここでいう意識とは、思考や感情のことではありません。
前回書いた、思考や感情に気づいている、観察している側の、本質的な意識のことです。

この意識は、私個人のものでも、あなた個人のものでもありません。

人類のものでもなく、地球上の生命の全てというだけもでなく、文字通り「全て」に共通している意識のことです。

「量子フィールド」は量子物理学の用語。
量子論の父と呼ばれるマックス・プランクは「量子フィールドとは意識のことである」と言っていたそうです。

「全ての存在は”フィールド”、つまり場で互いにでつながり合っている」

と説明されますが、私は

「全ての存在はフィールドそのものである」

と思っています。

つまり、意識とは「全て」そのもの。


「私の意識」とか「あなたの意識」ではなくて、みんなで共有しているのですね。

☆彡 ☆彡 ☆彡

このマックス・プランク氏は「意識は物質よりも根源的で、物質は意識の派生物に過ぎない」という言葉も残しています。僕は、「全て」そのものである意識が自らを認識するためにこの現象世界が生み出されたのだと思っています。自らの思考や感情もこの認識の対象であり、思考や感情の奥に本当の自分がいて、その自分は全宇宙と一体でありヒビキあっているのです。そこに気づくことが悟りであり、「大町道中記④ ~どこまでも無限に続く道」でいさどんが語っていることはそのような状態の表れでしょう。以下、文章を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡


銀河は、円になっている。人間が世界観を広げ、スケールの大きな意識で語るとね、その円の中心が「ざわざわざわー」っとするんだよ。つまり、こちらの悟りに、銀河が反応するんだよ。人間が悟るということは、宇宙に対してそのくらい刺激を与える。人間とは、それだけの存在なんだよ。

そのくらいのスケールで生きたいものだと思う。事実、人間は銀河の物理的作用に対して影響力がある。本当に、銀河がふわふわ~っと、波打つんだよ。「銀河が波打つ」と言うと、人間のスケールからしたらものすごく巨大なことでしょう?

☆彡 ☆彡 ☆彡

自分は全宇宙と一体で不滅の存在。そんな視点に立つ時、目の前の出来事に右往左往せずに、物事の変遷を見ていくことが出来ます。今、核兵器は人類の脅威となっていますが、核兵器についてもそのような視点から捉えていたいと思っています。先日、ノーベル平和賞の授賞式がありましたが、そこで被爆者であるサーロ節子さんは以下のような言葉を述べています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


今年七月七日、世界の大多数の国々が核兵器禁止条約の採択に賛成した時、私は喜びでいっぱいになりました。私はかつて人類の最悪な側面を目撃しましたが、その日は最良の側面を目撃したのです。私たち被爆者は七十二年の間(核兵器が)禁止されることを待ち続けてきました。これを核兵器の終わりの始まりにしようではありませんか。

~ 中略 ~

私は十三歳の時、くすぶるがれきの中に閉じ込められても、頑張り続けました。光に向かって進み続けました。そして生き残りました。いま私たちにとって、核禁止条約が光です。この会場にいる皆さんに、世界中で聞いている皆さんに、広島の倒壊した建物の中で耳にした呼び掛けの言葉を繰り返します。「諦めるな。頑張れ。光が見えるか。それに向かってはっていくんだ」

 今夜、燃え立つたいまつを持ってオスロの通りを行進し、核の恐怖という暗い夜から抜け出しましょう。どんな障害に直面しようとも、私たちは進み続け、頑張り、他の人たちとこの光を分かち合い続けます。この光は、かけがえのない世界を存続させるために私たちが傾ける情熱であり、誓いなのです。 


☆彡 ☆彡 ☆彡

核保有国が「安全保障環境の現実を無視している」と核兵器禁止条約を批判し、ノーベル平和賞授賞式への大使の出席を見送る中、サーロ節子さんは力強く核兵器廃絶の必要性について語りました。核兵器禁止条約や今回のノーベル平和賞は、世界をリードしてきた国々の自国優先の本音を浮き彫りにしています。そして現実は、北朝鮮の核開発やトランプ大統領のよるイスラエルの首都エルサレム認定で核の脅威は増大しています。その奥には様々な国や民族の利害関係が複雑に絡み合っていて解決は困難を極めています。ですが、サーロさんは光があると言っています。そして僕も同じように思っています。

今年、木の花ファミリーでは爆発の年と銘打っています。そして、今年の9月、いさどんに心の水爆という言葉が浮かび以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

それはプロセスも何もいらないんだよ。だってそうじゃん。人間の思考回路を見てごらんよ。すべてにプロセスがあり、こういう原因があってこういう経緯でこの結果になって、というのが連続して、ずーっと物語を刻んでいるんだよ。それは宇宙の法であり、何かと言ったら因果の法則を立証しているわけだ。原因があってそれにふさわしい結果が起きて世界はこのようになってるんですよ、と。
ということは、現状が良くないものであるとしたら、そこから抜け出るにはどうしたらいいか。こうするとこうなるからああしてこうして・・・などと頭を回しても、それは今の結果を作ってきたのと同じ思考回路だから、結局同じ結果になるんだよ。そうではなく、この思考回路の物語をここで爆発させて、終わらせるということだ。

「わかったぞ!だからこうしよう」なんてことを繰り返していても、結局は同じことなんだよ。そこで爆発させると、物語が終焉を迎える。だから、これは言わば小型の水爆。霊的水爆だよ。


☆彡 ☆彡 ☆彡

今、世界の情勢を見ると、それぞれの民族、宗教、国家の利害関係が複雑に絡み合っていて解きほぐすことが不可能のようにも思えます。そして地球環境を見ると、大量のマイクロプラスティックのよる海洋汚染、化石燃料による大気汚染が広がり気候が大きく変動しています。今の世界を創って来た物語、そのプロセスの延長に解決策があるようには思えません。生命は何度か大量絶滅を経験して来ていますが、それはそれまでのプロセスをリセットし、新たな物語をスタートするために起きたことなのではないかと思います。そして、時代はそのような段階に来ていて、核兵器はその象徴として生まれたのはないかと思うのです。ならば、人類は絶滅を迎えるのかと言ったら、必ずしもそうではないと思っています。心を爆発させてリセットすればいいのです。そして新しい物語を始めればいいのです。意識は物質よりも根源的。心がリセットしたら、物質のリセットは必要なくなり、物質は自ずから変化していきます。だから心の水爆、霊的水爆が突破口となるのです。それは今までの大量絶滅を超える瞬間でもあります。

身体を持って、何かを感じ思考している自分。それが自分だと思っていたら、心の爆発は恐怖となります。爆発して何もかもなくなってしまうことを恐れます。ですが、本当の自分は思考や感情の奥にいて、全宇宙とヒビキあって進化し続けているのです。その地点に立てば、水爆が爆発しても消えることはありません。それはリセットというプロセスの一つであり、そこから新しい物語が生まれていくのです。

感情を持ち思考している自分。その自分を離れて変遷を見ていく時、変化変容を続けるこの宇宙の物語が見えてくるのです。日々、そこに意識を向けることが今の現実を突破する光となる。僕はそう信じて生きていきます。






いつでもどこでも出来る世直し

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことを受け、アラブ諸国でデモが起き、欧州諸国をはじめ各国から非難の声が出ています。この状態をどう見たらいいのだろうと思っていた時、今年の2月に書いた以下の文章を目にしました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今、トランプ大統領によるアメリカの移民・難民入国制限が話題となっています。アメリカ各地で賛成派と反対派が衝突し人々の分断が明らかとなってきています。大きな混乱を迎え、事態は悪化しているようにも見えますが、アメリカ社会の分断は今に始まったことではありません。多くのメディアが、分断が潜在的に存在していたからこそトランプ大統領が誕生したと報じています。つまり分断をそのままにして過ごしていたのです。

トランプ大統領の行動は人々の分断を浮き彫りにしていっています。それはそこと向き合うチャンスとなります。つまりは真の変化へと至る可能性を秘めているのです。

そう考えると今のアメリカの動きは希望ともなります。


 ~中略~


未来のことは分からない。

それが真実なのだと思います。ですが人は通常、今の思考の延長上に未来を思い描きます。それが枠となり現実が見えなくなっていくのです。すると変化は遠ざかり同じことが繰り返されます。ニュートラルな心でただ現実と向き合う時、変化は自ずと起こります。なぜなら変化は生命の本質だからです。そして、本質に基づき生きる時、人はすべての存在と繋がり、満ち足りていくのです。


 ~中略~


何が起こるか分からない。

それが真実ですが、一つだけ言えることがあって、出会う出来事は自分の人間性の表れだということです。だから人間性を向上させることが幸せへと繋がっていくのです。そして、人間性は出会う出来事に向き合い学ぶことで向上していきます。

トランプ大統領がもたらす混乱は今の人々の人間性の表れです。そこと向き合い学ぶことで人々の人間性は向上し、幸せへと繋がっていくことでしょう。





☆彡 ☆彡 ☆彡

この文章は移民・難民入国制限を巡るアメリカ社会の分断について書いていますが、このことはイスラエル・パレスチナ問題についても言えると思います。イスラエルとパレスチナをはじめとする中東諸国はずっと対立をしてきていて、今回のトランプ大統領の首都認定はその対立を浮き彫りにしているだけとも言えるのです。問題が表面に浮上する時、一見大変なことが起きたようにも思えますが、それは元々潜在していたものです。ならば大局から見たら状況に変化はなく、ただ問題と向き合う機会となっているだけなのです。

突破口は気づきにある

これは今年の9月にいさどんが語った言葉ですが、それは客観的視点に立って変遷を見ていく姿勢であり、大局から物事を見ていく姿勢です。人類の歴史が今のイスラエル・パレスチナ問題を生み出していて、そしてその奥には一人ひとりの人間の人間性があるのです。日本で暮らす僕らには、この歴史に直接介入することは出来ませんが、その奥にある人間性にメスを入れていくことは出来ます。そしてそれこそ天が一人ひとりの人間に託している世直しなのです。ここで昨年の1月にいさどんが語った言葉を紹介します。


☆彡 ☆彡 ☆彡

みんな自分が世直しを託されているとは思っていません。だけれども、みんな間違えなくこの宇宙の法則の中で生きていて、人類の70億分の1、この世界を託されているのです。

人は育っていく過程で欲求し、欲求を満たしながら成長していきます。健全な秩序の中で欲求を満たしていく人もいれば、秩序なく際限なく欲求を満たし求め続ける人もいます。そういう経験の中で自分という人間性が出来てきます。

その中で、それぞれが自分の成り立ちを振り返って見ると、それが宇宙の歴史や地球の成り立ちと一緒だということが見えてきます。この世界は全部相似形なのです。

小さなところの集合が大きなところを創りだし、大きなところの法則が小さなところに指針を与えています。

13,000年前のカタカムナの時代。厳しい自然の中、人類は天然の法則を感知してすり抜けてきました。ですが、その感覚は時代と共に失われてきました。その叡智が天とつながることで現代に蘇るのです。

カタカムナの生き方を現代に表現していく。それは、科学が発展したところに天然の精神を加えることです。これはまさに新しい時代の生き方で、木の花ファミリーはそれを表現していくのです。

2012年12月21日。太陽系は銀河の冬至を迎えました。これからは少しずつ明るくなっていきます。宇宙的には明るくなる現象が起きて、人間を後押しするのです。

健康に生きることは素晴らしいことです。ですが、ただ健康になりたいだけで終わってしまったら人生は深まりません。生きている過程でいただく病気や滞り。その奥にあるメッセージを理解していくことが大切です。そこを理解した時に現代人も天然の意識で生きていくことが出来ます。

この世界は心と肉体(物質)で出来ています。まずは心、魂を磨くことが大切です。物質のことは考えなくてもいいのです。今の世の中はまだ物質的豊かさを求めていますが、そういう世の中はひっくり返ります。そのようなターニングポイントを今、迎えているのです。

人間の欲が戦争を生み出し、第二次世界大戦で大きな犠牲を出しました。これは世の中の欲の心が壊れて一度リセットされた状態です。ですが、戦後の復興は、もう一度、欲の心でなされました。そして、現代の混乱に至っています。

自分の健全、健康を求める心の奥にメッセージがあり、それを通して自分がどう生きるべきかが見えてきます。大切なのは、自分が健康に生きることだけではないのです。自分のことばかり考えることで人間は不健康になっていったのです。そのからくりを見通すこと。その先に世の中作りがあるのです。

世の中を良くするとみんなが良くなっていくのです。自分が・・・と考えると住みにくい世の中になっていきます。自分が・・・という心を超えていく。それが天と共に生きることです。

 ~ 中略 ~

ここで健全な場を創り出すことが時代の流れをあらわすことになります。世界のことを思い、自分を超えていく。そのことが宇宙の中に光をさすことになるのです。それを本当に信じて取り組むことです。

時代も神も目には見えません。人間の理解を超えています。ですが、この世界にはそういう秩序が確実にあるのです。そこに一人一人の人間が理解を示すことが大切です。

宗教はご利益を求める人により発展しましたが、本来はそういうものではありません。


信仰とは宇宙の法則性の理解です。

法則性を理解し、自分が・・・という心を超えていく。そのような本当の信仰心の下、天と共に生きていくのです。それが世直しであり、この世界に平和をもたらします。



☆彡 ☆彡 ☆彡

イスラエル・パレスチナ、北朝鮮、イエメン、シリア、南スーダンなど。

今、世界には様々な紛争や対立があり、その歴史的背景を見ると様々な民族が複雑に絡み合っていて解決は困難なように思えます。ですが、それを生み出している根本は一人ひとりの人間の人間性です。多くの人々が自分の欲を追い求めてきた結果、住みにくい世界を生み出してきました。戦争や紛争のない日本社会を見ても、人々の間に対立や分断、孤立が生まれ、それが自殺や精神疾患、貧困問題として表れています。だから自分の欲を超えてみんなのためにみんなと一緒に生きていく。そんな心を育むことが大切で、それが世界を変える力となるのです。

それはいつでもどこにいても出来る世直しです。

だから希望を持って、僕は自分と向き合い木の花のみんなと共に健全な場を生み出していくのです。


木の花ファミリーのみんな@日本平動物園


宇宙を生きる(2)

いさどんブログ「21世紀のいのちの捉え方」にはこんな言葉があります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

死を迎えることは、人生の区切りをつけ、次のステージに行くことでもあるのですから、亡くなった人を見送る人たちは、死者に対して、「こうだったらよかった」「ああだったらよかった」と考えるだけでも、その人が次のステージに行くための後ろ髪を引くことになるのです。

生死の流れからすると、亡くなった人たちは必ず次へ行かなければいけないのです。ですから、そこでは未練を持つのではなく、その人との出会いから感情を入れずに学ぶことが大切なのです。学ぶことがその人の死を生かすことになるのです。

生きている者からすると、その人の生き様を見せてもらったのですから、「あの人はこう生きてこのような結果を迎えたのだから、自分はこのように生きていこう」と自らの生き方につなげ、学ぶことが、人の死を生かすことになるのです。どんな人の生き様であっても、それが殺人者であろうが、自殺した人でも、一つ一つの事例として残された人に見せてくれているのです。

よくある話として、余命3ヶ月と宣告されると、「どのようにその期間を過ごしたらいいのでしょうか?」という質問をご家族から受けることがあります。その時に僕が答えるのは、その人が亡くなっても、その人の生き様(人生経験)は残った人たちの中に生かせるということです。ですから、生きている間にその人を観察し、なぜ今のような状態になっているのかを理解した時に、その人の人生を自分も生きたと捉えることができるのです。
わたしたちは自分ひとり分の人生を歩んでいますが、縁の近い人の生き様は身近で赤裸々に見せてもらっているのですから、それを自分も経験したと同じように捉えることができるのです。ですから、そこから学び、自分のこれからの人生に生かすと、死は世代を超えて生き続けることになるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この言葉は身近な人の死について語っていますが、日々ニュースから流れる死についても同じことが言えると思います。2年前の今日、パリで同時多発テロが起きました。当時の僕はこのニュースに大きな衝撃を受け上記の文章を踏まえ以下のように書きました。

☆彡 ☆彡 ☆彡


人の生死を客観的に捉え、そこから学ぶことが大切です。今回の事件もそんなふうに生かされた時、犠牲者も安穏なる気持ちで次のステージにいけるのだと思います。

僕は客観性に基づく祈りを捧げます。

そしてこの事件を未来に生かしていきたいと思います。

客観性の中で、すべての存在は大いなる循環の中で生かされていきます。一人一人が自分の立場を離れて客観性を育んでいくことが大切です。世界で起きることは常に自分自身への問い掛けとなるのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

あれから2年。テロがなくなることはなく今年もパキスタンやソマリア、スペインなど様々な地域でテロが起き続けています。それは人類がテロという悲しい出来事を学びとして生かせていないからだと思います。学びとして生かすためには、それぞれの立場を離れ、過去から未来へと続く流れの中で出来事を捉えていく必要があります。そんな取り組みとして歴史的視点、そして貧困や格差、宗教の違いなど構造的分析がなされていますが、その奥にある一人ひとりの心にメスが入っていないのです。

たとえば「命には囚われない悟り(2)」で取り上げているクラウドアトラスの主人公は、公式ホームページで「世界を救うまでに魂が成長した男」と紹介されています。ですが彼のした行為は、肉親への愛着や執着に基づくもので、敵対するものを悪とし殺害するというものです。映画では全く触れられていませんが、敵対し殺害された人たちにも家族がいて、そこには同じように肉親への愛着や執着が存在するはずなのです。悪とされ排除された側には憎しみが生まれ、その憎しみは人をテロリストへと導く可能性を秘めています。

肉親や身近なものへの愛情から敵対するものを排除する。

もし多くの人がこんな物語を英雄物語として受け入れているとしたら、その心が世界にテロリズムを生み出し続けているのかもしれません。

一人ひとりの心の総和が世界の出来事を生み出しています。だから世界で起きていることを自らの心の反映として一人ひとりがしっかりと向き合うことが大切なのです。そんなふうに生きる時、現象の奥に流れる天の心が見え、この世界の奥深さに気づきます。

その時、人は宇宙と一体、宇宙を生きるようになり、真の調和が実現するのだと思います。

いさどんさつまいも収穫





世界のみんなと悟りを共有する

宇宙創成のプロセスは、「ヒ・フ・ミ・ヨ・イ・ム・ナ・ヤ・コ・ト」という数理で表すことができる。その始まりである「ヒ」から最終の「ト」までのプロセスを理解し、それらを統合して成り立つ存在が、ヒトだ。それが時代人(じだいびと)であり、時代主義(Eraism=エライズム)を生きる存在だよ。

~ 中略 ~


ヒトというのは、人間という地球上で物理的に進化してきたもののことではないんだよ。それは、物理的に進化してきたものが最終的に到達する目的地点であり、宇宙にはもともとヒトという意識レベルの存在があったはずだ。なぜなら、ヒトとは宇宙の仕組みをマスターした存在を言うのだから。
ついつい人間たちは、ヒトのことを人間と勘違いする。人間とヒトでは、定義が違う。ヒトは形ではない。宇宙の法を理解し、マスターした存在をヒトと言うのであり、それは目覚めということでもある。


~ 中略 ~


宇宙は奇跡の連続だ。なぜなら、もともと人間の思考のキャパを超えたところで成り立っているのだから。だから宇宙を生きるという意識レベルを考えるのならば、科学や理屈を超えたところでものごとを受け取る器を持つことが必要だ。そうでなければ、真実は観えてこない。それには、人間壊しをすることだ。人間を壊して、ヒトとして存在する。それがヒトイズムだ。




☆彡 ☆彡 ☆彡

上記のように語るいさどんですが、人間については、「ヒト」の間(アイダ)の存在とも語ります。「ヒ」から「ト」へと至っていないということです。そして人間は、紙と文字の発明によって二元的思考(平面的思考)をするようになったと語り、平面的思考についてはこんなふうに説明しています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

3次元世界に暮らしながらも人間は物事を2元的に観ている。それは、出会うこととそれに対する自分の反応で物事を見ているから。それで平面的になっていく。だけれども、その奥にはこの世界を動かしている意志がある。出会うこととそれに対する自分の反応、そしてその奥にある意志。それらすべてを意識した時、この世界を立体的に観ることが出来る。

出会うことに反応することで人は一喜一憂する。それが人間で一喜一憂しなければ生きている意味がない。一喜一憂しながらも、出来事の奥にある意志を感じて、一喜一憂している自分を離れて観る。そして流れをいただいていく。それが生きていることの醍醐味で、人生に翻弄されずに楽しむことが出来るようになる。
☆彡 ☆彡 ☆彡

出会う出来事に平面的に反応する人間。そんな人間の特徴を受けて、今年の1月、僕は以下のように書きました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

出会うことに反応する人間。その時、人は出会う出来事を固定して捉えています。

紙や文字が発明されることにより人は記録を取ることが出来るようになりました。一つの形にして残しておく。書かれた言葉は変化せずに残り続けます。それは変化を本質とするこの宇宙の法則からしたら異質なことなのだと思います。

固定された記録。それが人に囚われをもたらし、一喜一憂することになります。ですが、この世界で出会うことはすべてプロセスの中にあり、本来、固定はされずに流れ続けていくのです。出来事の奥にある意志を感じた時、その流れが見え、自分を固定から解放することが出来ます。

出会う出来事の奥を探求する」より


☆彡 ☆彡 ☆彡

物事の表面だけを見ていると、出来事は現在だけに固定され、そして違いが際立ちます。例えば、「ヒト」と人間についてのいさどんの言葉ですが、「定義が違う」と語ったり、「ヒトの間が人間」と語ったりしています。表面だけ見ているとそこに違いを感じるかもしれませんが、その奥を見ていくと、同じこと、共通した想い、「ヒト」へと至る大切さを語っていることが見えてきます。

今、この瞬間の出来事の奥には、過去から未来へと続く宇宙の流れが存在しています。「ヒト」となり宇宙の法を理解し、物事を立体的に捉えるようになった時、すべての出来事が一つの流れに集約されていくのです。そこでは善悪の違いや他者との対立はすべて解消されていきます。

善の中に悪があり、悪の中に善があります。善悪は自我(エゴ)の生み出す偏りであり、行き過ぎたエゴが善と悪という一対を生み出し対立していくことになります。

ミサイル発射、核実験などで国際的に非難されている北朝鮮ですが、北朝鮮からすれば、それは自衛の手段であり、アメリカをはじめとする核保有国の脅威を感じていることでしょう。テロリストであるISは様々な残虐行為を行っていますが、それを生み出したのはアメリカによるイラク進攻であり、もっと遡ればイギリスによる中東への侵略へと至ります。

各国のエゴが自国の利益を追求し、それが善悪という一対を生み出し争いへと発展しているのが現代社会であり、物事の奥を見れば、すべての人間に共通するエゴが見えてくるのです。だからこそ、今大切なのは、人間一人ひとりがエゴを超え、「ヒト」へと目覚めていくことなのです。それが宇宙の流れが示すメッセージであり、僕は心を磨き、木の花ファミリーのみんなとそんな暮らしを生み出していきます。

文字は世界に固定を生み出し、そして平面的思考へと誘います。それでも書き続けるのは、文字には広がっていく力もあるからです。そして、人は文字という固定したものをきっかけに、その奥を感じることも出来ます。行間に心を込め、そしてそれを感じあって、また新たな言葉を生み出していく。すべてをプロセスの中で立体的に捕らえていけば、文字だって「ヒト」へと至るにきっかけとなるのです。

世界のみんなと悟りを共有する。

そんなことを夢見て、僕は書き続けていこうと思っています(^-^)

富士浅間木の花祭りに登場する榊鬼、心磨きの象徴とも言えます。


宇宙を生きる

9月23日、秋分の日、改修中だったおひさまハウスひまわりのホールが使えるようになり、2ヶ月ぶりにみんなで一緒に夕食をしました。秋分は天体の節目。その動きに呼応し、みんなで心を合わせました。

食前、みんなで一緒にお祈りをしています。

その後、僕はいさどんによるケア滞在者との面談に同席しました。そのケア滞在者は理屈っぽいところのある人なのですが、彼に対して、いさどんは以下のように語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

理屈っぽい人は理屈で先に結論を出す傾向がありますが、それは良くないことです。そうすると「あなたはなんでそんなふうに断定するの」となって人間関係が壊れていく原因にもなりえます。結果は常に現象をもって判断する必要があります。大事なのは常に努力していくことで結果はいただくものです。やってみること。試すことは必須です。理屈をこねる人は、結果を想定し、そこに持っていこうとするのだから、それは傲慢とも言えるのです。いただく姿勢が大事です。

人に対しては、相手の行動をあなたの理屈の中で分析しようとしています。分析してはいけません。相手には相手の好き嫌い、モードがあります。理屈なしで生きていきたい人もいるし、理屈抜きでやり取りをする必要がある場面もあります。それを無視すると、相手があなたを避けて通るという現象になって表れます。相手を感じて相手に合わせて接していく必要があります。そういうことは、相手の目線を意識するとだんだん分かるようになります。人にはそれぞれ生きてきた経緯があります。それを理解することです。これは無理に合わせるということではなく、人はそれぞれ違うということを理解し、それを踏まえて行動することが大切なのです。

あなたは「どうせ理屈で分かり合えないのだからいいや」と言いますが、そこに投げやりな姿勢を感じます。その状態だとお互いに嫌な感情を残します。どういう結論が出るにしてもその場の出来事を完熟させ、しこりのない状態にする必要があるのです。違いがあるならば、お互いの違いを認め合って終わりにする必要があります。

ところが、あなたの場合、自分の理屈を通そうとする結果、勝ち負けになる傾向があるのです。相手に理屈で勝とうとしています。それは、トランプ大統領と金正恩氏と一緒です。2人はお互いに、相手を否定して自分を立てようとしています。それをとことんしようとしてどんどんエスカレートしているのが今の状態です。今まで、アメリカの大統領はそれをしなかったから北朝鮮を育てたとも言えます。だから悪いことばかりではないのかもしれませんが、あまりにも過激になると取返しがつかないことにもなりかねません。そこで理性、人としても道が問われるのです。しこりがないように完熟させる必要があります。そのために相手を理解し、自分を手放す姿勢が必要となるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

ケア面談の話題は最近の北朝鮮にも及びました。そして、その後の大人ミーティングでは、いさどんブログ「天の川銀河と対話して~北朝鮮を語るPARTⅡ」をみんなで読みました。以下、一部を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今、北朝鮮は核兵器を持つことによってアメリカと対等になろうとしているが、そもそも地球上の今の核兵器バランスというものはどのような形で始まったのかといえば、核不拡散条約により、核兵器を持つのは良心的で優れた国とされているアメリカ・ロシア・イギリス・フランス・中国。この5ヶ国は核兵器を持ってもいいが、これらの国は平和のために持っている。しかし、他の国はならずもの国家で、核兵器を保有したら何をしだすかわからない。平和の脅威だ。だから、5ヶ国以外の国には持たせないという話なのだ。しかし、そもそもこのような核兵器はなしにするべきだったのに、自分たちだけが善良な国で、あとはならずものだから持たせないという話にしてしまった。

核兵器というものは、隣りが持っていると不安だからといって、アメリカが保有したらソ連も持ち、ソ連が持ったからイギリスやフランスも持ち、それで中国が保有したら対抗してインドも持った。それでインドが持ったら、今度はパキスタンが持ったんだよ。そうすると、中東諸国に囲まれているイスラエルは事実上核兵器を持つことになった。

つまりこの状態は、自分の主張が通ったものが善良で正しいという考え方だ。そうすると、北朝鮮のように核兵器だけを持っているのではなく、今は経済と軍事力の時代だから、経済も核兵器も両方持っているのは、アメリカだ。だから現状の世界は、アメリカが自らの尺度で「これはならずものだ」「これは善良だ」「仕方がないからこれは認めよう」と判断しているという姿になっている。

そのような世界に平和が訪れるわけがない。そうすると、北朝鮮の主張もわからないわけでもないという話にもなるだろう。

 ~ 中略 ~

人間は、自分の見える目線から判断し、認められるものを正しいとする。それが認められない、もしくは理解できなければ、間違っているとする。その徒党を組んだ極めつけが国家だ。

しかし、伝統的な暮らしも、動植物の個性も、地域による文化の違いもすべて多様性を認め合って初めて、平和がある。ところがグローバル化によって、人間の豊かさの価値観が単一化してしまった。そこで、お金があって欲しい物が手に入るアメリカ型豊かさだけが豊かさになっていると、それを阻害するものは悪で、そのようなものたちが築き上げてきた多数決の世界観が正義になっている。それが現代の問題を生んでいるのだ。そのような価値観はこれまで爆発的に広がってきたが、それは地球の多様性という生命世界からしたら、非常に貧しく単一的な世界だ。そのツケが今、世界中に現象化してきているのである。

そして、その単一化された価値観を阻害するような今までの動きも、実は宇宙からのメッセージであり、その矛盾を人類に示しているとも言える。「ひずみがあるとこうなるよ」と。逆に、ひずみを消すと悟りに向かっていくのだから、悟りに至ることはある意味味気ない世界とも言える。そういったことを宇宙が教えてくれている。


その宇宙の意志が観えるものになること――。それを今の時代に生きる人々に伝えたい。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この日は秋分の日、その天体の配置が「最後の審判の始まり」を意味するとも言われています(「魂の本当の価値が試される時」参照)。僕は大人ミーティングでそんなことを紹介しました。その僕の言葉を受けて、いさどんは以下のように語ります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

世の中には知識が豊かな人がいて、それが語られています。例えば、「最後の審判」の話です。こんなふうに語られてみんな分かりますか?天を見て判断出来ますか?僕はこういう話を聴くと「すごいな」と思います。ですが、それが人々の目覚めには繋がっていきません。僕自身はそういう知識はないけれども、9月になったら違うと感じ宣言をしました。そしてその節目が秋分でこれから現象化が進んでいきます。大切なのは、何も知らなくても宇宙のリズムときっちりと合っていくことです。

先に読まれたブログ、あれは銀河との対話が元になっています。翌朝、突然、渡り鳥をタモ(網)で捕らえる映像が現れ、そこから北朝鮮、世界平和の話へと繋がっていきます。これは最初からこういう話をしようとして組み立てられてものではありません。自分で意図した思考ではなく湧いてくるものです。

宇宙をひも解くことも、宇宙を科学することも大切ですが、一番の大事は宇宙を生きることです。それは天体の動きが日常の自分に繋がるということであり、優れた心が優れた現実を生み出し、愚かしい心、宇宙の法から外れた心は矛盾を発生させるのです。生活の中に宇宙を生きるということを表現する。それは自分を空にして「いただきます」ということであり、宇宙のスケールで生きることで現象化をスムーズにしていくのです。そこには難しい話はいりません。

その人の意識レベルで観たものがその人にとっての正解です。ですが、それをやっていたら狭い生き方です。自分の視点を超えたところに自分を持っていったら、新しい自分と出会えます。

僕は思考をしていません。僕の話はどっかから来て勝手に出て来るものです。自然にそれが湧き出してくる状態、囚われのないフリーな状態で宇宙を生きているのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

現代社会では、多くの人が自らの思考に囚われ理屈っぽくなることで数々の問題が発生しています。そこを超えるためには自らを離れ、他者を理解すること、多様性を認め合うことです。その姿勢で先に進み結果は現象をもって判断していく。そんなふうに生きていくことで未来は切り拓かれていくのだと思います。それが木の花ファミリーの生き方であり、その先には希望があります。


Your left Slidebar content. -->