ラベル 時事問題(政治) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

魂の変遷を見ていく

先日に大人ミーティングで、「心の水爆」という言葉が話題に上りました。これは昨年の9月、ジイジ(当時はいさどん)が大町へ行った時に語った言葉で以下のように表現しています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

それはプロセスも何もいらないんだよ。だってそうじゃん。人間の思考回路を見てごらんよ。すべてにプロセスがあり、こういう原因があってこういう経緯でこの結果になって、というのが連続して、ずーっと物語を刻んでいるんだよ。それは宇宙の法であり、何かと言ったら因果の法則を立証しているわけだ。原因があってそれにふさわしい結果が起きて世界はこのようになってるんですよ、と。
ということは、現状が良くないものであるとしたら、そこから抜け出るにはどうしたらいいか。こうするとこうなるからああしてこうして・・・などと頭を回しても、それは今の結果を作ってきたのと同じ思考回路だから、結局同じ結果になるんだよ。そうではなく、この思考回路の物語をここで爆発させて、終わらせるということだ。

「わかったぞ!だからこうしよう」なんてことを繰り返していても、結局は同じことなんだよ。そこで爆発させると、物語が終焉を迎える。だから、これは言わば小型の水爆。霊的水爆だよ。


☆彡 ☆彡 ☆彡

自我を持つ人間は思考回路の物語を生きています。そしてそこから人生の変遷が生まれます。ですが、人間の思考回路の奥には、魂の変遷があり、人はそれにより生かされているのです。心の水爆を爆発させる。それは思考回路の物語を終わらせ魂の変遷へと自分自身を委ねていくことなのだと思いました。魂の変遷とは何か?「21世紀の死生観・2~真学校でもっとも伝えたいこと」には以下のような記述があります。

☆彡 ☆彡 ☆彡





例えば今のあなたが、お父さんやお母さんは大切だ、おじいちゃんやおばあちゃんがいたから自分がいるのだ、自分の一族がいたお陰で今の自分がある、と思ったとします。もっと言えば、自分の国があったから自分はいるのだ、と思ったとします。それは、この図(生命の織物2)でいうと縦のラインですね。
ところが魂の遍歴を観ていくと、前世、前々世というように、横のライン上にもさかのぼって自分はいます。前世では、今世で戦争をした相手の国に生きていたかもしれません。縦だけではなく、この横のラインにも、宇宙の始まりから終わりまでの情報があり、その中にあなたがいます。前々世では、アボリジニだったかもしれないし、ネイティブアメリカンだったかもしれません。今世では今のあなたの人生があるわけですが、来世でどこに生まれるのかは、今世の結果によります。いろんなことを経験してきた結果、今のあなたがあり、今の経験の結果が、未来のあなたをつくっていくのです。
そのように観ていくと、あなたはどこか特定の場所に所属しているわけではなく、「地球が我が家」ということになりませんか?

ですから、ご先祖様とは、過去に存在したすべての人々がご先祖様です。子孫とは、未来に存在するすべての人々が子孫です。もしくは、すべての生命のことです。先ほど、縦のライン上を受け継がれてきたDNAの話をしました。宇宙の始まりから宇宙の終わりまでの情報が、細胞一つひとつのDNAの中に入っています。同じように、この横のラインを左へずっと辿っていけば、宇宙の始まりにたどりつきます。右へずっとたどっていけば、宇宙の終わりにたどりつきます。「私」という今の自分が、魂の輪廻をくり返しながら、宇宙の始まりから終わりにまで関わっているのです。そして、その織物の糸をつなぐつなぎでもあるのです。
私たちの内にはさらに、目には見えない霊的なDNAが伝承されています。目には見えませんが、霊的なDNAの情報ボックスというものがあり、それを名付けて「宇宙図書館」と言います。そこには様々な情報が整理されており、未だ使われていない90%の脳を使ってそこにアクセスすると、すべての情報が出てくるのです。私たちは、そのような物理的、霊的複雑な仕組みのもとに存在しています。
肉体のDNAの解析と同時に、霊的なDNAにアクセスし、人類の営みを進化させるのが2000年から3000年にかけての人類の歩みです。その中で、物理的テクノロジーも進化していきます。そこに霊的なテクノロジーが重なっていきますから、3000年になるころには我々は今は想像もつかないような世界を見ることになるでしょう。

☆彡 ☆彡 ☆彡

魂の変遷を見ていく。それは全宇宙の物語の一部を担うということです。そしてそれは自我による思考回路の物語の奥に常に流れています。

近代自我による思考回路は自らを世界から切り離すことで、多大な欲望と共に孤独や疑心暗鬼を生み出してきました。加計学園や森友学園の問題は政府の信頼を揺るがしていますが、それは近代の思考回路の産物とも言えます。だからこの問題を表面的に罰したとしても人類の思考回路が変わらない限り、問題は形を変えて起こり続けると思います。だから心の水爆を爆発させ思考回路を壊していくのです。この時大切なのは、壊れていく自分を見ていくことです。見ていくことで今の実体を学び次へと生かしていけるのです。

太陽系は今、銀河の夜明けを超えて光の時代へと向かっています。それが宇宙の物語であり、近代自我による思考回路はその流れの中で大きな矛盾を生み出しています。自我という偏りを思う存分追求してきたのが近代ならば、これからは偏りから繋がることも大切さを学ぶ時代です。ここでまた「21世紀の死生観・2」からの文章を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

『偏りから、つながることの大切さ(宿命)を学ぶようになっている』とあります。宿命というのは、私たちがつながるようにできています。単独で自らの都合だけで生きてはいけませんよ、という世界になっているのです。「自分勝手に生きてもいいじゃないか」と言っても、世の中があるからそういう我儘もできるわけです。空気が無しで生きていけるのか、太陽が無しで生きていけるのか。私たちが生きているということは、必ず他のものに生かされているということです。宇宙は常に対向発生です。他者と関わり、力を合わせることで宇宙が成り立っているのです。その物理性の根本が、愛なのです。
ところが地球上に、ヘンなものが現れました。そんなに歴史は古くありません。しかし、ものすごい勢いで繁殖し、この世界に大きな影響をもたらしています。それが人間の存在です。「自分が」「自分が」と言って、宇宙の仕組みを無視しているのです。
それでも長い宇宙の歴史から言えば、これもほんの一瞬のことです。今は、人間が自我の方向へ暴走したことにより、人間社会は行き詰まりをもらっています。しかし、天はそういった愚かしい人間の中から、賢い者たちを選抜し、次の時代への準備をしています。今、銀河の冬至を越え、冥王星の248年のサイクルが終焉を迎え、次の時代を担う人々が確実に生まれてきています。ということは、私たちは既に、希望ある時代へと足を踏み入れているのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

5月15日20時49分牡牛座新月、そして5月16日0時20分に天王星が牡牛座に移動します。新月はリセット、そして天王星は革命の星。それが愛と美しさを司る牡牛座でエネルギーを発揮します。その節目を前に、壊れること、そして生を超えた魂の変遷に想いを馳せてみました(^-^)




「後ろめたさ」をきれいにすると・・・




4月9日の夜、大人ミーティングで「21世紀の死生観・序章~魂のランキング」をみんなで共有しました。一人の人間の人生は母親のお腹の中から始まりますが、その始まりについて上記の文章では以下のように表現されています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

女性は、自らの体の中にもうひとつ、神殿を持っています。それは子宮です。子宮とは、「子の宮」と書きます。そこに魂が宿り、御神体として、産道(=参道)を通り、鳥居をくぐって、生まれてくるのです。それはとても美しい、神聖な物語です。
ところが現代の人々は、間違った認識の性により、その神殿を汚しています。神殿とは、人生そのものを表現する場です。そこにどのようなものを迎え入れて、何を育んでこの世界へ送り出すのか。それによってこの世界が創られていくのです。
性の交わりは、私たちが神社へ行ってお参りをするのと同じ、神聖なるものです。愚かな精神によって営まれる行いは、その神殿へ、汚物を迎え入れることにもなります。子宮という、命を生み出す神殿へ、どのようなものを迎え入れるのか。その神殿の管理人は、女性たち一人ひとりです。ですから女性は、とても重要な役割を担っているのです。

その神殿に宿った命は、十月十日(280日)の細胞分裂を経て、人として社会に生まれ出てきます。始めの細胞は、単細胞です。そこから複雑な細胞へと分裂し、やがて海に生息する魚類に進化します。ですから子宮の羊水は、古代海水と成分が同じと言われています。やがて魚類から陸へ上がって両生類となり、爬虫類へと進化します。爬虫類は鳥類と哺乳類へ分かれ、哺乳類の進化は猿へとつながっていきます。そして猿は猿人へ進化し、人類の祖先であるホモサピエンスとなっていくのです。
この受精から猿へ、猿から人へと変化していく過程は、約30億年の生命の進化の上に成り立っています。子宮の中でその進化の過程をたどり、人となった私たちは、最初に通った産道(=参道)を通り、鳥居をくぐって、人間社会へと旅立っていくのです。そして人生という世界の鏡を通して、自分自身を悟りながら、学び、成長していく旅が始まるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

母親の胎内で30億年の生命の進化を辿った後、人は産道(=参道)を通り、この世界に誕生します。そして、この世界で出会う出来事を通して自分を知っていきます。上記の文章ではそのことを以下のように表現されています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

生きるとは、自らの魂が生み出す「思い」を表現することです。思いは、それぞれの響きを持っています。私たちが生きて、思いを表現すると、その思いの響きがこの世界の何かしらに当たり、ふさわしい現象となって自らに返ってきます。自分がどのような響きを発するかによって、世界はその響きに正しく応え、ふさわしい出来事を与えてくれるのです。そうすると、人生で出会うすべての出来事は、自分自身を観ていると言えます。つまり、この世界は鏡なのです。

 ~ 中略 ~

生まれてきて、生きることは、命の仕組みです。それは宇宙の法則の中にあります。人生を生きるといろいろなことに出会いますが、その出会いは、自らの魂が何を発したかによって、それにふさわしい出来事が返ってきたということです。返ってきたものを見て、私たちは自分自身を知るのです。

 ~ 中略 ~

神社へ行くと、御神体として、鏡があります。鏡には、自分の姿が映ります。しかしそれは、神の姿ではありません。それは自分が映ったのです。

人生という旅の中では、常に、自らが発したものが自らに返ってくるようになっています。自らが注文したものが、あなたに届けられるのです。神社へ行って御神体と対面しても、そこで自分自身を見ることになります。鏡に映った自分自身の顔を見てください。どんな顔をしていますか?しかめっ面でしょうか。ニコニコしているでしょうか。そこに映った姿から、いろいろなものを感じるでしょう?私たちにとって人生とは、この世界という鏡に自らの姿を映し、それを観て、自らを悟るということなのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

この世界で出会うことはすべて自分自身の顕れです。では遠くの国で起きている戦争などはどうなのか?自分の責任と言えるのだろうか?大人ミーティングでいさどんからそんな問い掛けもされ、みんなで「そうだ」と確認をしました。

それでこの問い掛けから今あらためて思うことを書いてみようと思いました。

ヒトが誕生する時、胎内で30億年の進化を辿るという事実は凄いコトだなと思っています。十月十日(280日)に生命30億年の歴史が凝縮されているのです。ヒトはみんな、その進化を経験して誕生してきます。ということは、今という瞬間に生命のすべての歴史が凝縮されている。そんなふうに感じました。

ヒトは生まれることを意識的に選択することは出来ません。気づいたら生まれています。それは世界に生み出されたともいえ、僕らが生きているのはこの世界に生かされているからです。そしてその背後には生命の全歴史があります。自分自身も遠い国の戦争も生命の全歴史の中から、今、生み出されているものであり、だから同じものを共有しているのだと思いました。

今、多くの人にとって人生の始まりは穢れたものとなってしまっています。そのことについて「正しいヒメゴト・命を生み出す宇宙の根本原理~性と宇宙」では以下のように書かれています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

「ヒメ」をカタカムナでひも解いてみると、「ヒ=秘か。ものの始まり」「メ=芽。目。まだ見えないところに広がりを持っている」ですから、ヒメとは、秘かに芽が出ていること。節分前のまだ寒い時期に、表面的には何も動いていないように見えても、土の中では秘かに芽が動き出しています。その命の芽吹きのことです。
女性のことをヒメと言います。それは、表面には見えていませんが、現象化するためにもっとも大切な存在だということです。

~ 中略 ~

見えないところで起こっている ──── 男と女が交わって、種を降ろし、命を生み出すのは、見えないところでやるでしょう?それを「ヒメゴト」と言います。
男女の交わりは命を生み出す宇宙の根本原理であり、とても神聖なものです。ところが現代は、それは後ろめたい、忌まわしい、隠さなければいけないものになってしまいました。なぜだかわかりますか?本来の性の意味を履き違え、欲望のままに人々は性を行うことにより、人々の中に、それは悪いものだという心が生まれたからです。ですから、それを隠すようになったのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

近代以降、人々は社会を発展させ自我の欲望を満たしてきました。自分の我欲を満たすことをお互いに認め合ってきたのですが、心のどこかにそれは悪いことという意識も生まれ、性を穢し、自らも穢してきたのではないかと思います。

人々が物質的豊かさを求めた結果、空気汚染や海洋汚染が広がり住み難い世の中になろうとしています。それと同じことが人間にも起きていて、自らの我欲を追い求めた結果、自分自身の尊厳を穢し、生きることが後ろめたく辛いものとなっていくのではないでしょうか?

加計学園、森友学園、自衛隊の日報。今、ニュースでは政府の信頼を揺るがすような事件が報道されていますが、そこには人間の我欲と後ろめたさを感じさせます。

我欲と後ろめたさ。

そこから歯車は狂い、いろいろな問題が発生する。それは個々人の人生にもあり得ることで、そういう心をきれいにしていくことで、自らの人生に誇りを取り戻し、結果、世界も変えていくのだと思っています。

遠い国の戦争も。

その奥には人間の我欲、そして後ろめたさがあるのではないかと思います。原因はそれだけとは言いませんが、きっとそういう要素もあって、だから自分一人分そういう心をきれいにしていこうと思っています。

そして、後ろめたくない健全な欲というものもあって、それらはきっと出会う出来事をいただくことでおのずと満たされていくものです。一人ひとりがそんなふうに生きていく時、きっとこの世界は天の流れの下、調和していく、そんな未来へ向けて自分を知る旅を続けていこうと思っています。

ただみんなでひとつを表現していく

困った相手に対して正当性を通そうとして同じ土俵に立っている。表面上は穏やかに接していてもその奥には怒りがあって、そのためムキになって自分で対応しようとしている。正当性を通そうとする態度が相手を刺激して、さらに相手を困った存在にしている。正当性を主張するのではなく、こっちが困った人になればいいんだよ。それはおかしな言い分は相手にしないってこと。相手にしなければ、向こうが困るのだから。

まあ、これは最初から然るべき人に相談して頼ればいいだけの話なのにね。

☆彡 ☆彡 ☆彡

上記は昨年の6月にいさどんが僕に語った言葉です。当時、僕はこの言葉を元にして「怒りに向き合い、怒りから自由となる」という記事を書きました。以下、少し文章を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕は最近、困った人と出会いました。それで僕は、筋を通しながら流れを見ていこうと思っていたのですが、筋を通そうとする心の奥には、非常識な相手に対する(あまり自覚していない)怒りがあって、僕はその怒りに翻弄されていただけなのです。

僕といさどんと木の花ファミリー」に書いているように、僕は長年「虐げられた状態から逆転し見返す」という物語を好んできました。そのため無自覚に虐げられる状態を生み出してきたのです。

この一見理不尽な行動、その奥にはこの世界に対する「怒り」の心がありました。僕は今日、そのことを確信しました。「怒り」の心があるから「怒って然るべき」状況、虐げられる状況を無自覚に生み出してきたのです。

そして「世界と一緒に変化を楽しむ」に書いているように、「正義を掲げ、その正義を貫くことに熱くなる」物語も好んできました。正義を貫くためには悪が必要で、対象が悪ければ悪いほど、正当に「怒る」ことが出来るのです。

そう、僕は正当に「怒れる」状況を長年好んで来ていて、だけれども「怒り」を求める自分には無自覚で、そのために滞りを生み出してきたのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

ここで書いている困った人との関係は3月31日をもって一つの区切りとなりました。一つの流れの終わりを感じていますが、今、あらためて思うことは困った人と出会う縁を自分が持っているということです。そういう縁を生み出してきたのは「虐げられた状態から逆転して見返す」物語や「正義を掲げ、その正義を貫くことに熱くなる」物語を好む自分と言えます。それは僕の特徴で、それを悪いと思ってなくそうとするよりも、その物語が生み出す世界を見通し、そこから自由でいることが大切なのだと思っています。

どんな特徴も活かせばきっと調和の世界に繋がります。例えば対立状況も、そこを切り取ってみたら悪い出来事と言えますが、プロセスで見たら成長のために必要なものとなることもあります。大切なのは、僕が困った人との出会いを通してどれだけ自分の中を見通せたかだと思っています。

出会う出来事は自分の精神構造の顕れ

最近よくそんなことを思います。

例えば誰かに強く憧れるのは、自分の外に尊さや美しさを見ているからです。そして誰かを強く憎むのは、自分の外に汚れや汚さを見ているからです。ですが、この世界と自分は本来ひとつです。ならばこの世界の最も醜いものや汚いもの、そして最も尊いものや美しいものは自分自身の中にあるのです。出会う出来事を通してそのことを見通していくことで世界と自分が対等になっていくのだと思います。そしてその結果出会う出来事は変化していきます。

世界に目を広げれば、例えばイルミナティやロスチャイルドなどの陰謀論がありますが、こういう一部のものがこの世界を牛耳っているという説は人々のこの世界に対する不安や不信感の顕れと言えます。そしてなぜ世界に対する不安や不信感があるかと言えば、自我の赴くままに生きることで人々は世界との生きた繋がりを失っているからです。繋がりを失っているから目の前の出来事に一喜一憂することになり現実に振り回されるようになります。ですが、自我を超えて世界との繋がりを取り戻せば、すべての出来事は相応しく与えられていることが見えてきます。そしてそれを学びとして成長していくことが出来ます。

自分の中の他者に依存する気持ちがこの世界に権力者を生み出しそれは時に圧政へと繋がっていきます。その奥には結果や責任を取ることを恐れる気持ちがあったりします。その心の構造にメスを入れることにより世界は自ずから変化していきます。

自分の中の他者にアピールする気持ちが他者との違いを生み出し時には困難な状況も生み出します。その奥にあるのは劣等感や優越感などがごちゃ混ぜになった感情だったりします。その心の構造にメスを入れることにより世界は自ずから変化していきます。

ただみんなでひとつを表現していく。

それは自我が生み出す感情の奥を見通し続けることで、そこから豊かな世界が生まれます。それが出来れば、どんな出来事も大いなる流れの中で活かされていきます。

ただみんなでひとつを表現していく。

僕はそんな世界に向けて生きていこうと思っています。


木の花ファミリーのみんなとお花見をしました(^-^)
タイのテレビ局が取材に来ていました。

本当の意味で願いが叶っていくこと(2)

3月24日、1ヶ月間の真学校が終了しました。日本、中国、台湾、タイ、4ヶ国から受講生が集まり濃密な時間となった今年の真学校、その最後にあたり、いさどんは以下のように語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

ハプニングの連続でないと、人生ではありません。ハプニングの連続だからこそ、人生は楽しいのです。

この世界に命として生きるということは、そういうことです。それなのに人間は学習し、予定を立て、その計画の通りに生きていこうとするのです。そして、自分の計画通りに物事を進めようとすることで、自我の芽を、大きく育てていくのです。

皆さんはこの1ヶ月間の間に、私たち一人ひとりの中に、大宇宙の柱である天之御中主の分霊が立っていることを学びました。その内なる柱に目覚めれば、今のように、毎日ハプニングで生きていることがとても楽しくなります。それはとても豊かで、ダイナミックな人生です。

多くの人々は、自分自身の考えや目的を達成しようと思い、一生懸命生きています。しかし、一人ひとりがバラバラの目標に向かって生きた結果が、今の地球上の世界なのです。それぞれが自分の思うように予定を立て、その通りに生きようとすれば、世界はバラバラになっていくのです。

~ 中略 ~

何が言いたいのかというと、こういったハプニングの連続が、人生だということです。そしてそれぞれが個性を発揮し、エンジョイしていく。それが、地球で生きるということなのです。

皆さんは、一人ひとり、とても個性的です。その個性はどれもオリジナルであり、天が皆さんに与えたものです。その個性を、存分に発揮してください。ただし、それを調和させてください。そうすると、天が望んでいるように、この世界は大調和のハーモニーを響かせるようになります。それが、皆さんの当初の目的である、自らの健康で豊かな暮らしにつながるのです。

~ 中略 ~

1ヶ月間、これまでに出会ったこともないような世界観を学びました。現代人には、思考回路の範疇を超えてしまうような学びです。けれども、その思考回路が壊れることが、思考の枠を広げることになり、毎日毎日、新鮮な出会いをいただいていく心の準備になるのです。それがハプニングを楽しみ、豊かに生きるコツです。そして私たちは、天と共に、自らの望みのままに、ひとつの世界を表現するのです。




☆彡 ☆彡 ☆彡

そしてその日の夜、大人ミーティングではいさどんブログ「生きることの奥にある人生の原点に出会う」がシェアされました。この文章の中に出て来る以下の言葉はとても印象的で、僕は昨年の9月、この言葉を引用し「本当の意味で願いが叶っていくこと」というブログを書いています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


本当の意味での願いが叶っていくことは、自分が望んで獲得するのではなく、自然に与えられ、その流れに沿って生きていくことなのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今、あらためてこの言葉に接して、「本当の願い」って何かな?と想いを巡らしました。生きていると「こうしたい、ああしたい」といろいろな想いが生じるものですが、それらは浮かんでは消える波のようなもの。よく意識は氷山の一角に過ぎないと言われますが、意識に浮かぶ想いは表面を漂っているものと言え、その出処はいろいろです。想いのままに生きていたら、その出処を探ることは出来ず人生に深みは生まれません。そして、多くの想いは目の前の出来事やカルマから生まれているのであって「本当の願い」とは言えないと思っています。

「本当の願い」は心の奥底にあるもの。それは意識していようがいまいがあり続けるものです。そして自我は、それとは無関係に目の前の出来事に反応し一喜一憂しています。一喜一憂しながら望んだ願いを獲得しても、その結果は思わぬものとなりがちです。すぐに飽きて新たな願いが生まれたり、他からの反発が生まれたり。そして空しくなることもあります。

「本当の願い」は心の奥底にあるものです。だから簡単には見つけることが出来ません。それを見つけるには、意識の枠を壊し自分の奥へ奥へと入っていく必要があります。そんな探求へと導くのが思いもよらないハプニング。だからハプニングの連続でないと人生ではないのです。

ハプニングに心を開くことで人は自分の段取りや思惑を超えていきます。そしてそのことが思考の枠組みを広げてくれます。その時出会う出来事、それは自らの心が生み出したものでもあり、そこから人は「本当の願い」、そして「本当の自分」を知ることが出来るのです。そしてその時出会う自分は世界と繋がり調和しています。

ハプニングが起きないと、人は自分の狭い思惑の中で暮らすことになります。ハプニングが起きてもそれを拒絶していると思惑の中に留まることになります。その結果、人と人とはバラバラとなり世界はバラバラとなっていきます。それが今の多く人が生み出している世界です。

今、Facebookの個人情報5000万人分の不正利用が問題となっています。そして森友学園への国有地売却での公文書改ざんが問題となっています。どちらも社会に対する信頼が揺らぐ出来事ですが、これらを生み出したのは、トランプ大統領や安倍首相の目標であり思惑です。個人の狭い思惑が世界から信頼を奪い、そして当の本人も自分を守るために苦しむことになっています。それは人々の日常を反映した出来事とも言えます。

だから思いもよらないハプニングに心を開くのです。そして、意識の枠を壊し思惑を超えて心の奥へ奥へと入っていきます。その時、人は「本当の願い」と出会い自らの望みのままにひとつの世界を表現することが出来ます。そこから生まれる大調和のハーモニーを僕は木の花のみんなと表現していこうと思っています。

「本当の願い」

それは頭で思い描くものではなく目の前の出来事を通して探求し続けるものです。そしてそれは大きな流れの中では常に叶っていて表現されるのを待っているのです。それを見えなくしているのは人間の自我、そこから生まれる思惑、だからただそれを手放せばいいのです(^-^)

1ヶ月間の真学校終了パーティにて撮影





想いを手放し、想いのままに生きる

僕は今、確定申告の準備をしていますが、締め切りが間近に迫る中、国税庁長官の佐川氏が辞任しました。学校法人「森友学園」への国有地売却問題での決済文書書き換え疑惑を受けてことで、佐川氏は売却問題が発覚した昨年の2月、理財局長を務めていました。財務省は書き換えの事実を認め、そして佐川氏は国税庁長官を辞任しました。佐川氏が自らの意志で書き換えをするとは考えにくく、それを指示した存在がいたと思われます。

決済文書を書き換える行為は作為です。そして佐川氏の辞任にも「トカゲの尻尾切り」という作為が感じられます。

こうしたい、こうなって欲しいという気持ちがあるからそうなるように作為をするわけですが、その作為が上手くいく保証はどこにはありません。作為は自分の視点からするわけですが、自分の欲に縛られれば縛られる程、その視点は狭くなっていきます。そのため作為は思いがけない結果を生み出し、結果に対応しようとして新たな作為が生まれ・・・というように自分の欲に縛られると結果に翻弄されるようになっていきます。

今、森友学園問題は上記のような状況にあるように思われます。そして、それは今の社会を象徴する出来事と言えます。

我々の直面する重要な問題は、それを作った時と同じ考えのレベルで解決することはできない。

上記はアインシュタインの有名な言葉ですが、今、直面している問題は自分たちの想いの結果生み出されたものです。自分たちのこうしたい、ああしたいという想いが自分たちの意図を超えて今の問題を生み出しているのです。そして何とかしようとするのですが、その想いも大抵は同じレベル(自分視点)でなされます。そうすると何とかしようという気持ちが今の問題を維持しているとも言えます。人は問題を通して学ぶのでありそのことを必ずしも否定的に捉える必要はないのですが、ある程度学んだら想いをリセットする必要があります。そうでなければ人は、自らの想いが生み出す想いもよらない結果に翻弄されたままとなります。

突破口は気づきにある

僕は昨年の10月、以下の文章を書いています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

気づきとはこの世界に対する理解です。それを得るためには世界に起きていることをただの情報として眺める視点が必要となります。感情や思惑が挟まると世界は自分の色に染まっていきます。そして、想いのままに行動することになり、そこに気づきは生まれません。

人は他者からの理解を求めるものです。ですが、その時理解される自分とは今の自分であり、今の自分が現在の問題を作ってきたのです。だから他者からの理解を求めることはないのです。そうではなく、ただ世界や他者を理解していく。そのことに努めた時、自ずと気づきは生まれ、それが新しい動きとなっていきます。


☆彡 ☆彡 ☆彡

人がこの世界に誕生する時、自分の意図は介在しません。みんな、自分の想いもよらない出来事によりこの世界に生み出されます。想いもよらないことによって世界は動き、僕らは生かされているのです。だから僕は想いを手放します。

上記は自分の視点から、思惑や感情を離れて見た事実です。

ですが他者から見たら違う景色も見えてきます。他者からすると、僕の想いが想いもよらないものともなります。ただ他者の期待に沿うのではなく、想いもよらない喜びを生み出すことも出来ます。そのためには想いのままに行動することが大切で、だから僕は想いのままに行動します。

想いを手放し、想いのままに行動する。

話すことは放つことです。想いのままに話し、話すことで想いを手放す。そうすることで、想いのままに生きるとともにその想いを手放していこうと思っています。

農事組合法人の決算や確定申告の準備のために長いこと大人ミーティングをお休みしていましたが、もうすぐその期間も終わります。ミーティングで、みんなで語り合い場創りをすることで、「みんなで」という波動を世界に広げていく。大人ミーティングはそんな場です。

長いお休みの中で培った僕の視点、それを想いのままに語ることで、僕はその想いを手放していきます。そうすることで僕は、自分の想いもよらない人となり想いもよらない人生を歩んでいくことになるでしょう。そんな人生を楽しみます(^-^)


木の花ファミリーのみんな、1ヶ月間の真学校受講生と。


時の遊牧民から時代人へ


「時代の遊牧民」

遊牧民が季節の移り変わりによって適切な場所に移動していくように、
僕らは時代の流れを読んで、それを楽しんでいくのです。

すべては時代が生み出しています。

例えば、先に紹介したデカルトは、
自然から魂を抜き機械にように見なす冷たい思考を生み出しました。

この冷たい思考、実は熱い情熱から生まれています。

デカルトは夢で新しい学問を打ち立てる啓示をうけます。
その夢の内容は圧倒的で強烈な印象をデカルトに与えます。
そして、新しい学問の構築に情熱を捧げ、「我思う」の思想が生まれたのです。

時代がデカルトを通して近代科学の基礎を生み出した。
そんなふうに思えませんか?

そして今、時代は変化の時を迎えています。
それは星の動きや歴史の周期が教えてくれています。




☆彡 ☆彡 ☆彡

時の遊牧民、これは2年前の10月、モンゴルから来たムルンくんと交流する中でいさどんの中から湧いてきた言葉です。そして、僕はその言葉を聴いて上記の文章を書きました。この言葉はその1年後、時代人、時代主義という言葉に発展していきます。以下、いさどんブログ「わたしたちは時代人(じだいびと)です」からの言葉です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

わたしたちは、「時代人」です。つまり、時間という共通した乗り物に乗って旅する旅人です。この時間という乗り物には地球も乗っています。この世界に存在するものはすべて、時間に乗って旅しています。そして物理的にも、地球は宇宙を旅しているのです。

なぜ、時間は進んでいくのでしょうか。それは、一秒、一分、一時間、一日、一年と人間が時間の基準をつくり、時間を認識しているからです。それは人間社会だけの話のようですが、実はこの世界はサイクルのもとに成り立っています。そのサイクルは、一秒、一分、一時間、一日、一年と人間が便宜上区切っただけではありません。一日は地球の一自転であり、一年は地球の一公転です。春・夏・秋・冬の四季のサイクルの中で植物は芽吹き、栄え、種を残し、しばらく冬眠した後、また春に芽吹いてきます。その繰り返しによって時間が刻まれていくのです。ですから、これは人間がつくったものではありません。そして、人間以外のそういった仕組みを認識しないものもすべて、そのサイクルの中にあるのです。

その大いなるサイクルの中で今、わたしたちは歴史的な転換期を迎えています。皆さんもそのような時代の移り変わりに気付き始めているからこそ、今、このメッセージに出会っているのでしょう。地球環境や世界情勢は今、混乱の極みを迎えています。しかし、時代は常に未来へ向かって進み続けていますから、この混乱もいずれ収まり、この延長線上に世界が進み続けていくことはないでしょう。それは、目先のことや自らの欲望におぼれず、ひとつの物語として時代を読み解いていくことができれば、今の延長にある流れがいずれ行き詰まることは明らかなことが観えてきます。その証として、今、世界中では人類史上稀に見る危機を迎え、わたしたちが自らの姿勢を転換する必要があることを時代が教えてくれています。

そこで、わたしたちはこれからの時代をどのように生きていくべきなのでしょうか。

「時代が生命であり、時代が意志を持って、時代を紡いでいる。」

21世紀は「時代主義」の始まりです。「時代主義」を生きる人々は、自らの願望に翻弄されることなく、世界を自由自在に生きることができる宇宙の旅人(時代人)です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

地球や宇宙が常に変化変容し進化し続けるように、真理も常に進化し続けます。真理は固定したものではなく実践の中で集い語り合う中からその都度生み出されていくものです。昨晩いさどんは、以下のように言葉を語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今、世界は混乱の極みにありますが、それは人々の日常から生み出されたものです。だから何よりもまず自らの日常を正していくことが大切なのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

多くの人が現状に問題を感じています。それは自らの外に問題を見出している状態です。そして一部の人は、世界をなんとかしようと外に働きかけますが、それが有効な動きへと繋がることはなかなかありません。それは問題を生み出している大本、自らの日常の暮らしにメスが入っていないためなのだと思います。だからそのことを心掛けることが何よりも大切です。加えて、問題ごとの奥には現状に問題を感じながらも何もしない大勢の人々がいます。

☆彡 ☆彡 ☆彡

先日、衆議院選挙がありましたが、投票率は53.6%でした。約半数の人は投票していません。安倍政権の支持率は40%前後、そして自民党の支持率は30%台、単独で過半数を取るような数字ではありません。それでも自民党が過半数を大きく上回るのは、支持しない人々が選挙にいかないからです。それらの人々は現状に問題を感じています。ですが、自らの想いを託す政党が見つからず何もしないことを選んでいます。その結果、自らが望まない現状を肯定していくのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

いさどんはこんなふうに語りましたが、多くの人が肯定することが出来ない政治をそのまま許しています。そんな人々はきっと自らの日常も誇りを持って肯定することが出来ないのではないでしょうか。自らの日常、人生を誇りを持って肯定出来るものにしていくこと。その延長に政治に対する姿勢も生まれていきます。それは自分の欲得のままに動くことでは得ることのできない誇りです。自分を離れて客観的視点に立ってその時その場で相応しい行動を常に選ぶことによって初めて生まれる誇りです。まずは自分一人分、そんな誇りを持って日常を送っていこうと思っています。

真理は常に実践の中で進化し続けます。つまりそこから常に新しい真理が生まれるような日常を送ることが大切なのです。それは宇宙の流れ、時代と共に生きる生き方です。最後にまたいさどんブログ「わたしたちは時代人(じだいびと)です」からの言葉を引用して終わりますね。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この世界は一体です。すべてのものが時代と共に一体となって動いています。それが宇宙の実相です。そのような意識レベルを有した者が地球上に現れたならば、その響きがこの世界に放たれ、それに共鳴した者たちの行動が少しずつこの世界を変えていきます。そしてさらにそれに共鳴した者が行動することによって、その響きがこの世界に放たれていく――、その連鎖が時代を動かしていきます。その響きがこの世界の混乱を鎮め、人類の営みによって傷つけられてきた地球を包み込み、地球を本来の美しい星へといざなっていくのです。

一人ひとりの目覚めがウエーブとなって連鎖し、地球上を巡っていきます。そこには、音もなく、力もいりません。それは、時が刻まれていくときに、時の音がわたしたちの耳には聞こえないのと同じです。地球が自転し公転するときに、その音が聞こえないのと同じことなのです。ですから、時代が動くときに、その音はわたしたちには聞こえないのです。耳をすませてその音を感じてみてください。そのような人類の目覚めの動きが今、地球上に始まっているのです。

今こそ、わたしたちは自らを自我の枠から解き放ち、この無限なる宇宙の中で自由自在に生きる時が来たのです。わたしたちの中から願望や野心が消えた時、宇宙の真理が湧いてくるようになります。そして、人類が誕生した目的にのっとった最もふさわしいポジションにわたしたちは立てるのです。そういった真理に目覚め悟った者は、時代を読み、流れを感じ、今を生きる「時代人」となるのです。

それが、21世紀初頭にあたり、時代がわたしたち人類に伝えているメッセージです。

10月18日の富士山、こんな雲を見るとムルンくんを思い出します。




「命には囚われない」という悟り

今年のノーベル経済学賞は、行動経済学の研究を進めた米シカゴ大学のリチャード・セイラ―教授に授与されました。行動経済学は、経済学に心理学の理論や分析を応用した学問ですが、人間の非合理な側面を解析し、経済理論を構築していきます。行動経済学の研究は、2002年、2013年のノーベル経済学賞の対象になっていて今回で3回目。近年、注目を集めているようです(今年のノーベル経済学賞『行動経済学』は何が凄いのか参照)。僕自身、昨年の2月、「人間性が経済を生み出す」で行動経済学を紹介していますが、これは人間の反応パターンを知るという意味ではとても有益な学問だと思っています。

例えば、行動経済学の知見の一つにプロスペクト理論というものがあるそうです。それによると人は、同じ変化の大きさであれば、「プラスに触れる」ことよりも「マイナスに触れる」ことに、より敏感に反応します。

「50%の確立で5,000円が当たります。同時に50%の確立でハズレが出て、その場合、2,000円支払う必要があります。」

上記は経済的には”お得”な賭けなのですが、多くの人はこの賭けを避けると言います。それは2,000円を失うことを恐れる気持が、5,000円を得る期待を上回るからです(人は失う恐怖に弱い参照)。

失う恐怖から行動を避ける。行動の結果、何かを得られる場合でも。

それは経済的活動だけでなく人生の様々な場面で人間に起きる反応なのだと思います。そして、それはこの世界に停滞を生み出す一因となっています。

話しは変わって。

台風21号が猛威を振るっていますが、その台風について、ようこちゃんといさどんは以下のような会話をしました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

ようこ:

昨日の夜、台風21号に思いを馳せていたら、突然地球の悲しみや痛みがわたしにうつってきて、涙が止めどなくあふれた。そのときに、「台風の勢力を沈めようとするよりも、私たち一人ひとりの心を正常にするしかない」ということを改めて感じた。そうしたら、今も急に地球の悲しみがわたしにうつってきて、涙が出てくる。

いさどん:

文ちゃんが勧めた映画を昨日観たけれど、あれは「猿の惑星」のようなストーリーで、人類が地球にとって、いわば悪の存在だ。最終的には人類を破滅させるようなストーリーで、だから他の星へ行って暮らしているという結末だった。あの映画ではそのような人類の悪説が語られていて、実際に今、アメリカの姿勢にしても、日本の姿勢にしても、北朝鮮の姿勢にしても、中国の姿勢にしても、ロシアの姿勢にしても、どこをとっても、地球にとって悪だ。それぞれが自己主張していて、地球に優しい波動を出すことがない。結局、アフリカでも自然が破壊され、自然に還ることを忘れている。

そこで今、必要なことは、地球に優しい生き方だ。エコビレッジなどといったものは、結局人間にとって都合のよい生き方だ。だから最終的に、人間には「命には囚われない」という悟りが必要だ。


☆彡 ☆彡 ☆彡

そして、いさどんとようこちゃんは、カタカムナ5首6首を奏上し地球を想い、地球に優しい響きを響かせました。それを受けて、僕らみんなもそれぞれの場所でカタカムナ5首6首を奏上しました。物理的対策をしっかりとすると共に地球の心を向けることを大切にしました。そして、昨晩、みんなでひまわりホールに集まり、先日、大鹿窪遺跡で奏上されたカタカムナの映像を観ました。そこで、欲の心に囚われず、ただただ自らをきれいにすることを誓いました。

今、地球環境を見ても世界情勢を見ても大変な時代を迎えていますが、それは人間の心、自我が生み出したものです。そのため自我の元に状況を改善しようとしても、それは自分都合となり、物事を悪化させていくのです。

昨日、衆議院選挙がありました。どの党も世の中を良くするためのことを語っています。ですが、お互いにいがみ合っています。良くするためのことを語りながらお互いにいがみ合っているのです。それが自我の生み出す響きでありこの世界を創っていきます。

世界を良くしようと思っていても、自我が生み出す反応パターンに飲み込まれていると
それは自分都合のものとなり、結果、不調和な響きを発することになるのです。そこで冒頭に挙げた行動経済学のプロスペクト理論ですが、これも自我が生み出す反応パターンで自分都合のものと言えます。そういう反応パターンをすべて自覚し超えていくこと。究極はいさどんの言う、「命には囚われない」という悟り。そこに達した時、個人の人生という囚われから解放され、時代の流れ、宇宙と一体となって生きていけるのだと思います。

その地点はきっと究極の喜び。

そこへ向けて日々心を磨こう!!!と思いました(^-^)

大鹿窪遺跡でカタカムナを奏上したみんな



追い求める人生からいただく人生へ

なぜこのような生き方が重要なのかといえば、今の社会を観ればそれは一目瞭然です。今、世界中が様々な問題で大混乱を迎えています。そういった中、人間たちは一体これから何をしていこうとしているのでしょうか。どのように突破口を開いていこうとしているのでしょうか。
その突破口のひとつとして、ケア滞在を申し込んでここに訪れた人たちが健全になっていくプロセスから新たな世の中が始まるヒントがあると思うのです。彼らがそのままの病的な状態でいて改善しなければ、先が観えず、同じ現象が続いていくだけです。そして、それと同じような混乱が世界中で起きているのです。ですから、単純にひとりの人の人生が行き詰まり、それを改善するためのプログラムを私たちは提供しているのではなく、ひとりの人生の行き詰まりが時代の変遷を解き明かすことにもなり、そして新しい世界を切り開いていくことにもつながるのですから、これはたいへん重要な取り組みなのです。
☆彡 ☆彡 ☆彡

上記は自然療法プログラム(ケア滞在・ケアプログラム)を受けていたリョウタくんの卒業コンサートにていさどんが語った言葉です。そして、その二日後にはリョウくんの卒業コンサートも行われ、そこでいさどんは以下のように語りました。
☆彡 ☆彡 ☆彡
一昨日、リョウタくんがケアプログラムを卒業しました。今日は、リョウくんがこのプログラムを卒業します。彼らは競争社会の中で頑張って勝ち抜こうと思いながら生きてきました。しかし、それをすると自分も傷つくのです。そうした中で彼らは木の花ファミリーと出会い、皆と力を合わせて豊かに生きる道を見つけました。今までの社会では彼らは行き詰まりを迎えたかもしれませんが、新しい時代を切り開くという意味では、彼らはこれから世の中をリードする人たちなのです。

自然は私たちに命を与えてくれ、そして豊かな人生を学ばせてくれます。それが私たちの価値となり、人生を終わっていくことができます。自然を犠牲にして人間だけが創る社会は、もはや終焉を迎える時代が来ています。

 ~ 中略 ~

木の花ファミリーに集う人々は、自分たちが豊かに暮らそうと思って生きているわけではありません。私たちがこの広大な宇宙の中で奇跡のような地球に生命として肉体を持って生まれてきたことの意味を学ぶために、生きているのです。そして、たくさんの経験をしながら、人としての尊い生き方を極めているのです。それぞれが住む国を素晴らしい国にし、素晴らしい地球にし、そして私たちはそのような価値あるものをこの世界にもたらすことのできる者なのです。これから世界中のいろいろなところで、人々はこのような生き方をするようになるでしょう。


☆彡 ☆彡 ☆彡

安倍総理による臨時国会冒頭での解散宣言を受けて、小池百合子氏が「希望の党」を設立し、民進党は前原誠司代表が希望の党への合流を決め、枝野幸男代表代行は離党し新党「立憲民主党」を設立しました。結果として保守とリベラルとの区別が鮮明になったとも言えるのですが、これらの動きの一番の動機は「選挙に勝つ」ことであることは明白でしょう。それは現実を思い通りにしようとする動きです。

個人の幸せを追求することが当たり前になっている現代社会では、多くの人が想いを叶えようとし、思い通りの現実を求めています。みんなの幸せや世界の平和を語る時も、それは自分の幸せのためであり、まず先に自分の幸せがあるのです。そして自分以外の誰かの幸せを願っていたとしても、それが自分の執着から来ていたら、それは、結局は自分の想いを叶えようとしているのであり自分の幸せを求めているのです。

想いは人それぞれ違います。みんなが想いを叶えようとしても、叶う想いは僅かです。そこから葛藤や不満、優越感や劣等感など様々な感情が生まれ、それが様々な社会問題をもたらしているのです。自分の想いを追求していると、それに囚われ視野が狭くなり気づきを失っていきます。そして、今の問題を生み出している原因は見えなくなってしまうのです。

人は他者の存在なしでは生きることが出来ません。太陽や水、土や空気に生かされ存在しています。ならば、個人の幸せは追い求めるものではなく、本来、みんなの幸せの結果いただくものなのです。

追い求める人生からいただく人生への転換。

そのことが人の視野を広げてくれますが、視野が広がると、今の状況が当然の結果であることが見えてきます。そして、改めるべきところも明らかとなります。改めるべきところを改め先に行って結果をいただき、そこで判断し、また先に進んでいく。そんなふうに未来を常に新しい体験として学んでいく生き方がいただく人生であり、世界に調和をもたらします。

木の花ファミリーのメンバーは常にそのような生き方を心掛けています。そして、ケア滞在をする人たちはその生き方を学ぶことで改善していきますが、それは社会に対する大きなメッセージとなり、新しい時代へ向けた歩みとなっていくのです。

追い求める人生からいただく人生への転換。

それが今の人類の行き詰まりに対する突破口となります。

リョウくんの卒業コンサート。この日は台湾から20名のツアーが来ていました。

様々なレベルの流れを読み解く

1年前、天の流れについていさどんは以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

天は流れを創る。そしてその流れに具体的にことを乗せるのは、地の仕事である。流れを観て、流れに応じた行動をする。そういうコラボである。
道理を考えて人智を回すことも大事だが、それをやり過ぎると人智だけになり流れを忘れるから、流れを観ながら人智を回していく。当たり前のことだが、ついつい出来事に意識が行き過ぎると、そのことを忘れる。流れを観ていれば、ことはスムーズに進む。
それは流れているのだから、行きつくところに行きつく。

流れを観るとは、結論が出るということではない。

流れを観て、それに沿うと、行きつくところに行きつくから、その時に「ああそうか」といただく。結論はない。しかし流れをしっかり読める人間は行き着く先が想像できるものだから、思った通りにことが成るということだ。それは最初から成るべきことが成るように生きているということである。このようなものの捉え方でいると、道理が常に通っているから、自分の考えている通りにすべてが回る。



☆彡 ☆彡 ☆彡


そして、最近、いさどんがこんな話をするのを聴きました。

☆彡 ☆彡 ☆彡


この世界は氷山なんだよね。海面から見えるのは氷山の10%だけ。残りの90%は隠れている。それで、世間が言っていることは見える部分で、それを無視するわけにはいかないが、例えば、風が北から南に吹いている時、氷山は別の方向に動くことがある。それはなぜか?奥にある海流が別の方向に流れているからだよね。世間の風はこっちに吹いているのに現実が違う方向に動くことがある。安倍首相がいくらデフレ脱却、実質2%、名目3%の経済成長を目標にし、日銀を利用してマイナス金利まで導入しても、それはうまくいっていない。それは時流を読んだら、今の人間社会の表面に見える人間の欲得の世界ではなくて、時代の動き、宇宙は今、何を人間に与えようとしているのかということを読んだら、安倍首相は逆をやっている。だから表面に見える社会現象をすべてとしそれに乗ることを止めなければならない。たとえ世間からは理解されなくても何か別のものを見て時代にのっていくことが大切。本当の流れは表面からは見えない海流が生み出しているのだから。

☆彡 ☆彡 ☆彡

最近、支持率が低迷している安倍内閣ですが、2015年の夏、安全保障関連法案を成立させた時はとても強気でした。世論が反対していても、実行すれば世間はいずれその正しさを理解するという趣旨の発言をしていたのを覚えています。安倍首相は世論を甘く見ていたのです。今、南スーダン国連平和維持活動の日報隠ぺいが問題になっていますが、これは駆け付け警護の前例を生み出すために敢えて行ったように思えます。そこにも世論を甘く見る姿勢が伺え、その結果として今の支持率低迷がありますが、その種はずっと前からあったのだと思います。

高い支持率を維持していた安倍内閣がここ1、2ヶ月で国民の支持を大きく失っています。それは海上を吹く風、世間の流れです。世間の風は、人々の関心、損得や欲得でコロコロ変わります。そして表面に表れる現象の種は常にちょっと前に蒔かれています。現象は収穫のようなもの、種は常に前に蒔かれていて、そして今この瞬間は未来の種となっているのです。だから目の前の出来事に一喜一憂せず今を大切に積み上げていくことです。

その際に必要となるのが、天が生み出す流れを感じることです。天の流れは海流です。どんなに風が強くとも氷山を動かすのは海流であり、天の流れに基づくことであらゆる出来事が生かされていきます。そして、そんなふうに生きるためには目に見える出来事の奥を感じていく必要があります。

安倍首相は日本の総理大臣ですが、その支持率の高低は表面に表れている現象であり、その奥には天が生み出す流れがあります。近代以降特に、人間社会は個人の欲望を追い求めてきましたが、その結果、格差や貧困、環境破壊など様々な問題が発生し行き詰まりを迎えています。これは今までの人間の在り方が限界に達している証であり、天の流れは人間に変化を促しているのです。ですが、安倍首相の政策はそのような流れを掴めてはいません。

流れを観て、それに沿うと、行きつくところに行きつくから、その時に「ああそうか」といただく。結論はない。

いさどんはそんなふうに語りますが、その流れが海上の風、世間の流れならば、それはコロコロ変わるものであり、天の流れに沿っていなければ、おそらくどこにも行きつきません。その時その時の状況で一喜一憂するだけとなるでしょう。だからそれらはきっとどうであってもいいのです。

大切なのは、海流である天の流れに沿うことです。そして、天の流れは表面上の出来事の奥にあるものだから、それを感じるには、自分を離れ、高い視点に立つ必要があります。高い視点に立つことで初めて人は自分を通して天を表現することが出来るのです。

そし流れを観るとは、結論が出るということではない。といさどんは言います。

人はとかく結論を出したがるものですが、結論を出した途端に人智となり、天の視点を失います。常に新しいところ、未知なるところを進んでいく。それも天の法則の一つであり、天の流れは常に未知なるものなのです。

未知なる道を進み、行きつくところで「ああそうか」といただく。そしてまた未知なる道へと進んでいく。そんなふうに生きて経験を積み上げていこうと思っています。



今の社会は自分の未熟を表している

以下、2年前の大人ミーティングでのいさどんの言葉です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

物事の捉え方はたくさんあってね。

善意で捉えようと思ったら、
この世界にある全てのことは、
善意になるんだよ。

ただ、
人にはそれを善意で捉える力がないだけなんだよ。

宇宙は全て善意でできている。


なぜかというと、
宇宙は調和でできているから。

調和は、
悪意では保てない。

調和は、
善意によってしか、
成り立たない。

だから、
物事を善意で捉えられないときには、
自分が未熟だと思わないといけない。

そこを悪意で捉えるということは、
自分を観ないで、
悪意は相手から来ると思っているのだけど、
悪意は、
自らの未熟さから生まれるものなんだよ。

だから、
自分が言っていることは全て、
自分自身を表しているんだよ。

そこに気付かないと、
自らを改めることはできないね。

人間というものは、
必ず自分の都合の良いように
答えを求めようとするんだよ。

だから、
自分の本心があっても、
そういった人たちは「けど」「でも」と言って、
本心と違う行動を取るんだよ。

そのカラクリをわかって、
自分自身に修正の目を向けられるようになったら、
人は成長できる!

そのためには、
自らの想いをどんどん外に出していって、
まわりからフィードバックをもらい、
客観的な視点を育てていくことが大切だね。




☆彡 ☆彡 ☆彡

国連人権理事会の「表現の自由」に関する特別報告者、デービット・ケイ氏が日本政府を問題視する演説が報道されている中、安倍政権は共謀罪の法務委員会での採決を省略し、参院本会議で中間報告のみで採択を行いました。共謀罪に関しては、凶暴な新テロ法案と報じている海外メディアもあり、採択の進め方も含めて民主主義の危機と捉える人々もいます。

実際にそうだとしても、その動きを生み出しているのは一人ひとりの日本人で、これは日本人、つまりは自分の未熟を表しているのです。

森友学園や加計学園、そして共謀罪の強硬採択と安倍政権は批判されるべきところは多々ありますが、安倍政権を批判すると同時に上記のような視点も持つ必要があります。

例えば、安倍政権の辞任を求める運動をしたとして、それが成功したとしても、一人ひとりの人間性が向上することがなければ、次に同じような政権が生まれるだけです。

おかしな出来事と出会うということは、自分自身がおかしな響きを発しているということです。
だから出来事の改善を通して、自分自身も改善していく必要があるのです。

話しは変わって。

先日、木の花ファミリーにCo-Reキャラバンが訪れ、鯉谷さんと工藤さんと共に語り合いました。Co-Reコレは仲間みんなが家族と思えるような「1万人の村づくり」を目指して活動しているのですが、お二人は木の花ファミリーの姿に触れ感動したといいます。その時、お二人と共有したのは、世界平和や調和した社会を目指した時、行きつくところは結局「自分」だということです。

初めは熱い理想に燃えて動き出しても、いつか必ず現実とぶつかります。その時、自分の人間性と向き合うことになり、今の自分という枠を超え続けていく必要があるのです。木の花ファミリーは老若男女100名近くが共に暮らす中で、その取り組みを大切にし続けています。だから人を感動させる力があり、そしてそれは未来に対する希望ともなるのです。

今の社会を創っているのは自らの未熟です。だから自分が成長すれば、世界は少しずつ平和になっていきます。それは希望ですよね(^-^)


(左から)鯉谷ヨシヒロさん工藤真工さん、木の花ファミリーです。



Your left Slidebar content. -->