他者のために自分を表現していく

木の花ファミリーのメイン施設、おひさまハウスひまわりが改修工事に入り、オフィスの引越しをしました。その際、昔の書類がいろいろ出て来ましたが、そのうちの一つがいさどんとの面談記録です。僕といさどんと木の花ファミリーで紹介しているプロジェクターを巡るエピソードを受けてこの面談は行われました(2011年1月16日)。

面談では子どもの頃からの自分の人生を振り返り、それをいさどんに見てもらう機会となりました。例えば、僕は小学校1年生の頃、万引きをして店員さんに捕まりました。そしてその頃は常に嘘をつき続けていました。そんなエピソードに見ていさどんは以下のように話してくれました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

万引きする人ってね、ものを盗ることだけが目的ではないんだよね。そういう屈折した自己表現というのがここには出ているよね。なかのんはお母さんに対して寂しさを感じたと言っているけれども、寂しさを感じたら、その寂しさを子どもらしく表現すればいいんだよね。でも、そのような心を外に見せないで、母親に表現しないで終わる。こういうところが、今の大人になるまでの人間形成となっているんだよね。

「見栄を張る」とか「自分で嘘と分かっていることを話していた」とか、「取り繕う」、「やったことをやっていないと言ったりしたが人を騙そうとする意図はない」というのは、騙すんじゃなくて、自己表現。そういうふうに自己表現することがある意味では正当なことだったんだな。自分の心を納得させなければならないから。積極的に人を傷つけようとするものではないけれども、自分を守るための嘘ということ。自分を正当化するために頑固にやり続けていたということだね。やっぱり、自分を評価されたいとか、正当なものっていうふうに見る時、自分のコンプレックスなんかを言われると傷つくでしょ。だから自分を守る。それに対して、積極的で、明るくて、元気で、かわいいという、自分にないものに対して極端に憧れ、足りない部分を埋め合わせようとして自分だけの満足できる世界に走る。そんなところも今の人間性になって表れている。

☆彡 ☆彡 ☆彡

いさどんの言葉により、子どもの頃からの僕の「歪み」が明確になっていきます。その他にも様々な分析がなされた後、いさどんはこんなふうに語ってくれました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

あなたの中には、道を究めたいとか、正当でありたいとか、そういうことに対する考えも持っているし、それはある意味確立されているけれども、もう一つのところに、何か自分の捻じ曲がった表現の仕方とか、過去にずっと持ってきたようなものが処理しきれないで残っている部分があって。あなたは「見たことがない景色が見てみたい」と言う。それがあなたのこれからの生きていく一番の原動力であろうし、ここは一番正直に、一番エネルギーを使って、歩んでいくことが大切です。そのことにより悪気がないとしても伝承されてきた歪みの断ち切りとなっていく。

~ 中略 ~

自分というものがこんなに明快に分かるわけだ。親の歪みはとても分かりやすくて、それがそのまま自分に来ているわけだ。そしたら、どこが問題でどこが問題でないかとても明快。後は、自分の歪みをとって、ただひたすらに足りない部分を埋め合わせる。多い部分を取り去っていく。そういう作業をすれば、あなたの人生は光る。最後に自分の生に対して誇れたり、充分な満足を持って、未練のない形で旅立つことが出来る。


※親とのエピソートは「あなたの未熟もみんなに役立つ」をお読みください。

この振り返りをずっと見ていて、あぁ、いい歩みをしているな、という評価が出来る。すごく歪んでいる、歪みがあるからこそ、余計に、是正するところが明快にされている。こんなに分かりやすく示されている。たくさん痛い思いして、分かりやすい状態になっている。順調。それこそ、あと4,5年もいけば、あなたは結構、正当な哲学というか、そういうのを語っている人になっていると思うよ。

~ 中略 ~

なんかあなたを見ていると、お釈迦様の弟子の、最初はすごく不細工で、ぶきっちょうなんだけれど、がたんがたんしながら行って、最後は道を究めた人を思い浮かべる。

~ 中略 ~

だからあなたが自分の中で一人でワールドを作ってるっていう事は、あなたにとっては自分の中で悦に入っている事で心地いいのかもしれないけれども、それは周りに何ももたらさない。逆に言えば、あなたらしいつまらない人生というかな、そのことがあなたをあなたの中に閉じ込めて、狭い人にする。やっぱり心掛けるのは、自分の存在は他者のためにある。だから、自分を他者に共有して、あの変な捻じ曲がった駆け引きのために他者と接するのではなく、ただひたすらに、他者のために、もっとストレートに自分を表現していくっていうこと。

☆彡 ☆彡 ☆彡

これが6年前の僕。あれから僕は成長していて、このブログで道について語り続けています。これからもそんなふうに生きていくだけです。

歪んだ行動や感情は自我にしみ込んだ反応パターンです。その奥には常に本当の自分がいて、いつもそこに意識を向けていれば、自我から自由でいることが出来ます。自らを分けると書く自分、自我はそんなふうに振る舞いますが、自分を他者から分けて際立たせようとするから比較が生まれ、そこに優越感や不足感が生まれます。ですが本来、自分はこの世界そのものでこの世界と一つです。

自分自身が永遠の表れであるように

そんなふうに生きていくだけです。何かを願ったり、望んだり、そんな思惑からではなく、ただただ自分を他者のために表現していく。そんなふうに生きていくだけだなと、この文章を読んであらためてそう思いました。

そこで引っ越しの際に出てきた古い紙面をもう一つ紹介します。それは僕が公立中学校で相談員をしていた頃のもので、『兎の眼』と題する相談室便りです。

『兎の眼』は生徒の投書(無記名)を元に作成。全校生徒、保護者、教職員を前にした公開相談を紙面上で実施しました。一人の問題はみんなの問題。だから学校みんなで考える。そんな実践への試みでした。

『兎の眼』(表)平成12年11月8日発行

『兎の眼』(裏)平成12年11月8日発行

当時、『兎の眼』は話し合いのきっかけとして機能していて、例えば、いじめられている生徒がそのことを訴える投書を紹介したこともあるのですが、そこから友達同士の話し合いが生まれ、状況が改善したこともありました。普段は口にしなくても同じような気持ちを抱えていることが多く、そういう話に発展する機会を提供していたのです。またそこに書かれている子どもたちの率直な言葉に衝撃を受けたという親御さんや教員もいましたが、それも子どもへの理解に繋がるきっかけとなりました。

この『兎の眼』を作成するのはとても楽しかったです。生徒、保護者、教職員、それぞれの立場を意識し、みんなが「いいね」と思えるようなやり取りを紡いでいく。そのためにはみんなが共有出来る感覚へと自分の意識を持っていく必要がありました。それは自分にとってとても貴重なトレーニングの機会となっていました。

みんなが共有出来る視点、感覚が生まれる場所あるのです。自分を離れることで人は誰でもそこへ至ることが出来ます。そして世界と自分をそこから見ることで、自分をこの宇宙の大いなる物語の一部として位置付けることが出来ます。それは祝福であり喜びです。

その地点に立つと、囚われなくただ出会う出来事を楽しんでいくことが出来ます。

ですが、自我の反応パターンに飲み込まれるとすべてが台無しとなり、自分だけの狭い世界が作られていきます。そこは優越感や劣等感、不足感や無力感、そして傲慢さなどが溢れる場所で、人は自分で自分を苦しめていくのです。貧困や格差、戦争やテロなど悲しいニュースはそんな人々の姿勢の反映とも言えます。

だから常に自分を離れる力を育むことが大切です。自分から離れた場所で、他者のために自分を表現していく。みんながそんな姿勢を育んだ時、すべてを共有し共感できる美しい世界が生まれます。

木の花ファミリーの暮らしを通して僕はそんな世界を表現していきます。

木の花ファミリーのみんな@田楽祭田植え祭り

宇宙時間を生きる

6月21日13時24分、夏至です。銀河の夜明け(2009年夏至から2016年夏至)から1年が経過したことになります。銀河の夜明けが持つ意味については、以下の天下泰平ブログ・第1話「宇宙時間」に明確に示されています。まずはその中に書かれている先住民の長老の話を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

新たな時代への潮流の中で大切なことは、(それが一番良い方法だと信じて)全てを自分でやろうとするあり方(誤解)から自分自身を解き放つことだ。自分が望む結果よりも、遥かに偉大な結果へと天が導いてくれるということを信じて委ねられるか。それは、また宇宙時間への回帰の大切さを意味している。』


☆彡 ☆彡 ☆彡

自らを分けると書く自分。自我を持つ人間は、自らを他者から分けて際立たせます。それは海の表面の波のようなもので、本当の自分は海そのものなのです。

自我は波。海から見たらほんの一部ですが、自我はそれがすべてと誤解します。そして、そこから感情が動き、何かを望み、何かを願います。

昨年の夏至、僕は一つの決断をしましたが、それは自分の望みに基づくものでした。僕は波と同化し、そこから生まれる望みを追究しましたが、それは砕け散りました。自我の望みは波のように浮かんでは消え、また浮かびます。だから繰り返されます。

昨年の夏至、僕が追い求めようと決断した望みは長年の望みでとても強い望みです。だけれども、それは浮かんでは消える自我の望みで僕を海から遠ざけるものです。

そう、昨年の夏至、僕は間違えた決断をしたのです。上記の文章を読み宇宙の流れを意識しているつもりで宇宙の流れに反する動きをしました。それぐらい僕は自らの望みに翻弄されていたということです。それでも真剣だったから、そこから学んだことはあり、それは今の自分に生きていますが、こういう学びはもう終わりです。

自らの望みはすべて手放す。

それは絶対の基準で、それにより天は、自分が望む結果よりも遥かに偉大な結果へと導いてくれるのです。だから、ただ出会う出来事を楽しんでいく日々の生活の中でそんな心を育み自我の望みを超え続けています。それは宇宙時間を生きる試みです。

宇宙時間への回帰のために泰平さんは「真の女性性をよみがえらせる」ことが大切だと書いています。以下、再び泰平さんの文章を引用します。

☆彡 ☆彡 ☆彡


真の女性性とは

『天の愛を受けとる在り方であり、天に導かれながら生きていくということ。』

かつて、「死」さえも天が統治して導いてくれているということを感謝と共に受け入れていた時代がありました。身体を持った「生」の時間と、身体から離れた「死」という時間を、行ったり来たりすることは、"悠久の宇宙時間"の中に在る魂にとっては何も怖いことではなかったのです。

しかし、「生」にあった時、「出逢った大切な人・時間と共にいつまでも在りたい」という当たり前の欲求によって、"宇宙時間"から自分達のための"人間(物質)時間"への執着が生まれたといいます。

やがて"人間時間"の中でのサバイバルを目的とした「男性性」が暴走を始めます。自分たちのやり方で、競争・支配(コントロール)の価値観に基づき、自分たちのルールと科学に傾倒していくうちに、いつしか私たちは天(宇宙に委ねていく在り方)から離れました。

『天から離れたということは、内宇宙と外宇宙が分離し共振性が損なわれたということ。』

私たちの身体の中に存在する内宇宙。それは微生物たちも含めた世界であり各々の心の周波数が創り出す世界です。その内宇宙と、地球と同期する外の微生物たちが創り出す世界(外宇宙)は、本来は統合していて共に響き合っていました。

宇宙には天が意図した「ひふみの法則」というものがあります。

無意識に統合の時代を生きていた時代(ひふみの「ひ」=源)から、我々は「個」の体験を重ねるという分離の時代(ひふみの「ふ」=分離)を過ごしてきました。そして、今、まさに私たちは「生」の本来の目的を想い出そうとしているのです。(ひふみの「み」=意識をもって統合の時代を生きていく)。

『全ての生命(いのち)が響きあう場所で天に導かれて愛を生きる。』

競争やエゴ、自分(たち)さえ良ければ、今さえ良ければ、という世界ではなく、皆がひとつの真実の方向に向かって響き合う、「大いなる循環」の中で自らの輝きを活かしていく時代の到来。

統合の時代へとシフトする今このとき、宇宙時間の中で、自分の輝きを、自分の中心で、真の女性性を取り戻しながら神の子として蘇る。天と自分の魂との約束を果たす時が今まさにやって来たのです。

自分自身を籠の中に閉じ込めているのは、「自分のやり方こそがベストだ」と信じ込んでいる自分自身なのです。その観念を一旦天へと戻して、認めたくない自分やもう二度と感じたくはない感情と再び出逢い、向き合い、その奥に在る、分離の時代には成しえなかった

『自分の中にある本当の想いや愛と繋がりなおす。』

そういうチャレンジを体験することが、閉じ込めた籠の中から輝ける自分自身を解き放つことにつながっているのです。



☆彡 ☆彡 ☆彡

昨年の夏至、僕はこの文章を読みながら間違えた決断をしました。それは望みを追求することが自分を解き放つことになると思ったからですが、これは大きな勘違いでした。真の解放は、自らの望みの奥にあり、すべてを見通すことにあります。

「自分の中にある本当の想いや愛」

それは特定のものや瞬間に向かうものではなく、永遠で無限なるもの、まさに宇宙そのものです。自分の中にあるすべての想いと向き合いそれらを超えることで、本当の想いや愛に至ることが出来ます。意識をそこに合わせる時、人は宇宙時間を生きることになるのです。

北朝鮮やシリアなどで緊迫した状況が続き、アメリカはパリ協定から離脱しました。日々のニュースに触れると人類は悪化の一途を辿っているようにも見えます。ですが、その奥には光の時代へと向かう宇宙の流れがあり、今は闇に隠れていたものがあぶり出されているのです。大切なのは個々の出来事の奥を見通すことであり、それには自らの想いや感情を超えていく必要があります。

世界の指導者もテロリストもそれぞれの視点の正義があり、それぞれの平和を求めています。その結果が今の混沌とした世の中で、自我の求める平和は世界に分断をもたらしてきました。自我は自らを世界と分けて際立たせます。その自我の求める平和が分断をもたらすのはある意味当然であり、今、世界はその極みにあります。

どんなに美しい理想でも、自我が思い描くものは世界に分断をもたらします。

今の社会はそのことを見せてくれているのであり、それが光の時代へと向かう宇宙からのメッセージと言えます。だから今必要なのは、自我の想いを超え、宇宙そのものとなり宇宙時間を生きることです。そんなことは不可能と思えるかもしれませんが、時代はその後押しをしてくれています。今まで不可能だったこともこれからは可能になってくるのです。

自らの想いを表現しながらその奥を見ていく。
想いを表現すると同時に想いから離れる。
すべての想いを手放し自由になっていく。

そうすることで僕は宇宙時間を生きていきます(^-^)


6月19日 夏至2日前の富士山と太陽です。





今の社会は自分の未熟を表している

以下、2年前の大人ミーティングでのいさどんの言葉です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

物事の捉え方はたくさんあってね。

善意で捉えようと思ったら、
この世界にある全てのことは、
善意になるんだよ。

ただ、
人にはそれを善意で捉える力がないだけなんだよ。

宇宙は全て善意でできている。


なぜかというと、
宇宙は調和でできているから。

調和は、
悪意では保てない。

調和は、
善意によってしか、
成り立たない。

だから、
物事を善意で捉えられないときには、
自分が未熟だと思わないといけない。

そこを悪意で捉えるということは、
自分を観ないで、
悪意は相手から来ると思っているのだけど、
悪意は、
自らの未熟さから生まれるものなんだよ。

だから、
自分が言っていることは全て、
自分自身を表しているんだよ。

そこに気付かないと、
自らを改めることはできないね。

人間というものは、
必ず自分の都合の良いように
答えを求めようとするんだよ。

だから、
自分の本心があっても、
そういった人たちは「けど」「でも」と言って、
本心と違う行動を取るんだよ。

そのカラクリをわかって、
自分自身に修正の目を向けられるようになったら、
人は成長できる!

そのためには、
自らの想いをどんどん外に出していって、
まわりからフィードバックをもらい、
客観的な視点を育てていくことが大切だね。




☆彡 ☆彡 ☆彡

国連人権理事会の「表現の自由」に関する特別報告者、デービット・ケイ氏が日本政府を問題視する演説が報道されている中、安倍政権は共謀罪の法務委員会での採決を省略し、参院本会議で中間報告のみで採択を行いました。共謀罪に関しては、凶暴な新テロ法案と報じている海外メディアもあり、採択の進め方も含めて民主主義の危機と捉える人々もいます。

実際にそうだとしても、その動きを生み出しているのは一人ひとりの日本人で、これは日本人、つまりは自分の未熟を表しているのです。

森友学園や加計学園、そして共謀罪の強硬採択と安倍政権は批判されるべきところは多々ありますが、安倍政権を批判すると同時に上記のような視点も持つ必要があります。

例えば、安倍政権の辞任を求める運動をしたとして、それが成功したとしても、一人ひとりの人間性が向上することがなければ、次に同じような政権が生まれるだけです。

おかしな出来事と出会うということは、自分自身がおかしな響きを発しているということです。
だから出来事の改善を通して、自分自身も改善していく必要があるのです。

話しは変わって。

先日、木の花ファミリーにCo-Reキャラバンが訪れ、鯉谷さんと工藤さんと共に語り合いました。Co-Reコレは仲間みんなが家族と思えるような「1万人の村づくり」を目指して活動しているのですが、お二人は木の花ファミリーの姿に触れ感動したといいます。その時、お二人と共有したのは、世界平和や調和した社会を目指した時、行きつくところは結局「自分」だということです。

初めは熱い理想に燃えて動き出しても、いつか必ず現実とぶつかります。その時、自分の人間性と向き合うことになり、今の自分という枠を超え続けていく必要があるのです。木の花ファミリーは老若男女100名近くが共に暮らす中で、その取り組みを大切にし続けています。だから人を感動させる力があり、そしてそれは未来に対する希望ともなるのです。

今の社会を創っているのは自らの未熟です。だから自分が成長すれば、世界は少しずつ平和になっていきます。それは希望ですよね(^-^)


(左から)鯉谷ヨシヒロさん工藤真工さん、木の花ファミリーです。



怒りに向き合い、怒りから自由となる

困った相手に対して正当性を通そうとして同じ土俵に立っている。表面上は穏やかに接していてもその奥には怒りがあって、そのためムキになって自分で対応しようとしている。正当性を通そうとする態度が相手を刺激して、さらに相手を困った存在にしている。正当性を主張するのではなく、こっちが困った人になればいいんだよ。それはおかしな言い分は相手にしないってこと。相手にしなければ、向こうが困るのだから。

まあ、これは最初から然るべき人に相談して頼ればいいだけの話なのにね。

☆彡 ☆彡 ☆彡

上記は最近の自分に対するいさどんの言葉です。

僕は最近、困った人と出会いました。それで僕は、筋を通しながら流れを見ていこうと思っていたのですが、筋を通そうとする心の奥には、非常識な相手に対する(あまり自覚していない)怒りがあって、僕はその怒りに翻弄されていただけなのです。

僕といさどんと木の花ファミリー」に書いているように、僕は長年「虐げられた状態から逆転し見返す」という物語を好んできました。そのため無自覚に虐げられる状態を生み出してきたのです。

この一見理不尽な行動、その奥にはこの世界に対する「怒り」の心がありました。僕は今日、そのことを確信しました。「怒り」の心があるから「怒って然るべき」状況、虐げられる状況を無自覚に生み出してきたのです。

そして「世界と一緒に変化を楽しむ」に書いているように、「正義を掲げ、その正義を貫くことに熱くなる」物語も好んできました。正義を貫くためには悪が必要で、対象が悪ければ悪いほど、正当に「怒る」ことが出来るのです。

そう、僕は正当に「怒れる」状況を長年好んで来ていて、だけれども「怒り」を求める自分には無自覚で、そのために滞りを生み出してきたのです。

余裕がほとばしり出るような徳の積み方(後編)で紹介していますが、ノーベル平和賞受賞者カイラシュ・サティヤルティさんは、経済的理由で学校を去らなければならない友人、売春宿に売り飛ばされる奴隷の娘、カースト最下層の不可触民に対する差別や政治家の欺瞞などに触れて憤りを感じて来ました。そして、その怒りからアイデアを生み出し行動に繋げて行ったのです。そのカイラシュさんは、スピーチ「怒りで世界に平和をもたらす方法」の中で以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

エゴと利己心が渦巻く小さな殻の中に閉じこもっていると、怒りは憎しみ、暴力、復習、破壊に変わっていきます。でもその悪循環を断ち切ることが出来れば、その怒りを偉大なパワーに変貌させることが出来るのです。誰もが持つ思いやりで、この循環を断ち切れば この世界をよくするため思いやりを持って世界と繋がることが出来るのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡
カイラシュさんが書いているように、怒りを自覚し、怒りに向き合い、怒りから自由になれば、思いやりの心を持って、その怒りを利用できるのです。いさどんは常日頃、そんな姿を僕らに見せてくれています。

だけれども僕はあまりにも怒りに無自覚でした。無自覚だったので、正当に怒ることが出来る状況を生み出したり、怒りを抑圧して来たりしたのです。それは、怒りに翻弄されている状態です。

僕の中には「怒ってはいけない」という囚われが強く染みついているのでしょう。その囚われは、僕が怒りに向き合うことを邪魔し、結果、怒りから自由となり、思いやりを持って怒ることを出来なくしているのです。

だから僕は、今日から自分の中に怒りを認め、その怒りと向き合い続けようと思います。それは怒りから自由になるための取り組みです。

怒りから自由になれば、正当性なんてどうでもよくて、ただ湧いてきたものを表現して世界と一つになっていくだけ。そんなふうに生きていきます(^-^)

一緒に暮らしている木の花ファミリーのみんなです。





そぎ落としにより発展する

6月9日は射手座満月でした。射手座満月について天下泰平さんは以下のように述べています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


今晩、2210分より満月となります。

201769日の満月は「射手座満月」。


  ~ 中略 ~

その射手座満月のポイントは、ずばり「和合・調和」のようです。

まず、数秘術の世界でも69日」というのは“6”“9”の陰陽和合を意味する特別な日であり、それに加えて今回の射手座満月の星の配列は、太陽と月、そしてラッキースターである木星が直角三角形を形成していることに大きなポイントがあるようです。

射手座の支配星である木星、そして太陽と月という陰陽の調和。

この射手座満月は「和解」などが大きなテーマとなるようです。

さらに、今年26日から「逆行」に入っていた木星が、なんとこの満月の1時間後には4ヶ月ぶりに「順行」に戻ります。

ラッキースター木星は、今は地球や地球人個人にとってとても強く影響を及ぼす重要な惑星。

この4ヶ月間、滞っていた物事がスムーズに行き始めたり、今晩を境に明日からは心機一転新たな流れが始まると思います。


☆彡 ☆彡 ☆彡

6月9日、陰陽和合を意味する日にロータスランドはちょうど営業69日目となりました。3月21日、太陽が春分点を通過した最初の朝にプレオープンし、水星逆行が終了し立夏を迎えた5月5日にグランドオープンしたロータスランド。その動きは常に宇宙の運行と共にあることを感じさせます。

同じく6月9日、天皇退位の特例法が成立しました。ライオンズゲートの日であり、アース・オーバーシュート・デー」(1年分の資源を使い果たす日)でもあった昨年の8月8日、天皇陛下は退位についてのお気持ちを表明しました。そして退位のための法案が陰陽和合を意味する日に成立するのも宇宙の流れの中にあることだと思われます。

※ちなみに6月9日のロータスランド来店者数は88名でした。

静ちゃんプロデュースの中国人お客様ツアー(5月30日~6月1日)@ロータスランド

その6月9日の22時10分。僕はどうしていたかというと風邪をひいて寝込んでいました。そして、次の日も寝込み、何も食べずに過ごしました。発展や拡張を意味する木星が順行になるタイミングで寝込み断食する自分。自分の思惑とは大違いの出来事に出会いましたが、これは僕にとっての発展や拡張が「そぎ落とし」によって成り立つことを意味しているのだと思いました。

自らを分けると書く自分。天の流れに沿って生きていこうとしている僕にとって、自分から生まれる想いや願いや不要なものです。例えば、いさどんは以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


僕が常に皆に伝えていることは、そういった「~したい」「~になりたい」という願望を消しなさいということです。そして与えられるがままに存在しなさい、ということです。すべてを受け入れれば、己から解放されます。僕はそのことが伝えたいだけなのです。

今の姿のあなたがすべてではないのですから、いくらでも変化・変容・変態を繰り返すことが可能です。そして、それが宇宙の実相なのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

上記のいさどんの言葉にあるように「~したい」「~になりたい」という願望を消し、己から解放されれば、ただ出会う出来事を楽しんでいくことが出来ます。それは「流れ」という全体性と一体になり、この宇宙そのものを楽しむ道です。そこにこそ、僕の発展や拡張があり、そのために日々、自らに湧き上がる想いや願いをそぎ落としていく必要があるのです。自らの想いをそぎ落とすことで大いなる流れと和解し調和する。風邪という都合の悪い出来事はそんなふうに生きていくことの再確認の機会となりました。

今もまだ残る頭痛。それは思考を超えよう!!!というメッセージと受け止めています。

常日頃から「頭で考えるのではなく、信じて歩んでいくと、後からその意味が示され解る」と語るいさどん。以下の絵はそんないさどんの話を聴いたジョイさんからいさどんに手渡された本の表紙です。



泥のようにも感じる自分の都合の悪い出来事。それは自分の段取りや思考を超えるきっかけを与えてくれます。段取りや思考を超えて信じて歩いていく。その先に美しい蓮の花が咲くのでしょう。

泥の中で自分の都合をそぎ落とし美しい花を咲かせますね(^-^)

余裕がほとばしり出るような徳の積み方(2017)

大いなる力には大いなる責任が伴う」に書いたように、僕には心の道を歩む責任があると思っています。とは言っても、人には結果をコントロールすることは出来ません。未来がどうなるかはいつも未知であり、未知だからこそ道と言えます。だからただいつも目の前の出来事に丁寧に向き合うだけであり、結果やそれに伴う評価については完全に手放すことになります。

ところで僕は2年前の6月、いさどんからこんな言葉を貰っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

なかのんは真面目で一生懸命やっているが、もう少しそこに余裕があると、あの人は本当に徳を積んでいるねということなんだけど、一生懸命「この道だぁぁぁ」とやっていると、そこに余裕がないと、何とか一生懸命気合いを入れてそこを保っているという状態。

余裕がほとばしり出るような徳の積み方というものがある。



☆彡 ☆彡 ☆彡

2年前に比べると今の自分には大分、余裕があります。その余裕がどこから来るかと言ったら、結果や形に囚われない姿勢から生まれているのだと思っています。

結果や形に囚われない。

言葉では当時も同じことを語っています。ですが、これは頭の理解ではなく体験を通して育まれていく姿勢です。自らを分けると書く「自分」は、この世界を切り取り固定することを求めます。そして自らが切り取った世界に対する評価や承認を求めます。その「自分」、自我の動きから自由となり、そこから「自分」を眺め、「自分」を育んでいくのです。これは終わりのない旅であり、僕はこれからさらに自由となり、余裕を育んでいくことでしょう。

多くの人は自らの思惑で状況を変化させようとします。そして努力をするのですが、その努力は現実とぶつかりなかなか思うようには進まないものです。自分と相いれない他者の思惑に出会い、苛立ち苦しむことになります。フランスや韓国の大統領選挙、そしてアメリカによるパリ協定離脱宣言と社会の分断を表すニュースが続いていますが、それらは多くの人々が自らの思惑に基づき努力をした結果です。今、人智による努力は社会を混乱させています。

ですが、結果や形から自由となり余裕を育んでいくと出会う出来事が変化していきます。そして、その変化を楽しむことが出来ます。それは自らの想像を超えた世界で、様々な立場の人を繋げていきます。人智を超えた大いなる流れ。人々がそれを意識し委ねた時、世界はきっと新しい扉を開くのだと思います。

そんな心を育むための集まりが2017年7月15日(土)~17日(月)まで開催される第11回大人サミット~私たちはこれから何を目指すのか〜」です。以下、案内文を引用しますね。

☆彡 ☆彡 ☆彡


人は、見えないと「どうなるかわからない」と不安になり、未知なるものを恐怖に感じて何とか現状を維持しようとします。ところが地球は、広大な宇宙空間を実に秒速30kmというスピードで、らせんを描きながら常に未知なるところへ未知なるところへと進み続けています。どんなに今いる場所を絶対だと思っても、次の瞬間にはもう、私たちはまったく違った新しい場所にいるのです。変化変容し続けるのが地球の、そして宇宙の実体であり、そのエネルギーは我々人間の力など到底及ばない、とてつもなく大きなものなのです。

宇宙探査機が目的地に向かう時に、「スイングバイ」という方法を使うことがあります。探査機のエネルギーだけで遥か彼方の目的地に行こうとすれば、莫大なエネルギーが必要になります。そこでどうするのかというと、天体のエネルギーを利用するのです。とてつもないエネルギーで宇宙を移動し続ける天体の引力を利用し、その公転軌道に乗ることで探査機の推進力を上げ、しかるべきタイミングで軌道を離れて目的地に向かえば、少ない燃料で効率よく到達することができます。探査機だけの力では行けなくとも、天体の推進力に乗ればいいのです。

今、最も力強い推進力は、20121221日の「銀河の冬至」から始まった新たな時代の流れです。地球が一年に一度冬至を越えて光を増していくように、太陽系もまた25800年ぶりの冬至を越えて、闇の時代から光の時代へと切り替わる大転換期が始まりました。今こそ、私たち人類は出口の見えない混乱を抜け出し、この壮大なる時代の流れにスイングバイする時がやってきたのです。その先には必ず、今はまだ見ぬ新たな世界があります。もしも今あなたが生き辛さを抱えているとしたら、それはきっと「そろそろ新たなルートへ進みなさい」という天からのメッセージであり、あなたへの追い風なのです。

さあ、準備は整いました。個々が幸せを求めて一生懸命エネルギーを費やしてきた結果が今の社会ならば、個々の囚われを手放し、大いなる時代の流れに乗る時がやってきたのです。これから世界には、大変革の時が訪れます。人々が恐れようと理解できなかろうと、確実に時代はその方向へ進んでいます。その時代の流れを感じ、そこに乗って新たな世界へと踏み出した時、私たち人類はこの世界に生きる真の意味に目覚め、時代と共に希望溢れる未来を創造していくことができるようになるのです。そして、世界に二つとないあなただけの人生の花が美しく花開くことになるでしょう。


どうぞ共に時代に乗って、新たな世界へスイングバイしませんか。

☆彡 ☆彡 ☆彡

自らの思惑を叶えるのではなく、ただ出会う出来事を楽しんでいく。その結果、人と人が繋がり幸せになっていく。そんな心を育みたい方。是非、大人サミットにご参加下さい。共に未知の未来を楽しみましょう(^-^)


2016年7月に開催された第10回大人サミットの様子です。

未知であるからこそ道

6月になりました。昨年、一昨年と6月を起点にしてしばらく「自分の望み」に囚われた苦い思い出があります。それは僕が抱えていた爆弾で、大きな波に飲み込まれたようなものです。

この課題を達成することで壁を超える
この課題を達成することで新しい世界を切り拓く。

当時はそんなふうに思っていて、そこには決心もあったのですが、その奥には「自分の望み」があって、その波に飲み込まれていただけなのです。自分が設定した課題に向って努力をしてはいましたが、それは囚われた思考の下の努力なので、心はどんどん狭くなっていきます。だから当然のように滞りをいただきました。

波に飲み込まれ、罠に引っかかり盲目となった当時の僕。

その痛みは僕を謙虚にしてくれますが、これ以上繰り返す必要はありません。だから今年は違う道を行きます。未知(みち)の場所に行くからこそ道(みち)と言えます。繰り返しは歩みの停滞。僕はもう歩みを止めません。立春正月にひっくり返り、春分を機にただ出会うことを楽しむようになった今年の僕は、今までとは立脚点が違います。

自分の側から世界を見るのではなく、世界の側から自分を見る。自分に湧き上がる想いは満たすためのものではなく、世界に向けて解放するものです。解放することで想いは変化変容を繰り返しこの世界と一つになっていきます。行動や判断の基準は自分の想いではなくこの世界の流れであり、そこに彩りを与え筋道を通すことです。

そんな視点から1年前の今日に書いた以下の文章を見てみます。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕は子どもの頃、誘拐される夢を沢山見ました。
それらの夢はとっても怖かったです(-_-;)。

ある日の夢では、僕は両親と妹と自動車に乗っていました。
その時、かぼちゃの顔をした「かぼちゃマン」が走って僕らの車を追いかけてきたのです。
かぼちゃマンはとっても早くて僕らの車に逃げ切ることが出来ません。
そして、かぼちゃマンは高らかに笑っています。
かぼちゃは当時の僕が最も嫌いだった食べ物。
そのかぼちゃが迫ってくるのが本当に怖かったのです。

プロセスワークでは、子どもの頃の夢を「人生の神話」として捉えています。
それは人の人生を貫く大きなテーマとなるのです。

僕は子どもの頃の夢での中で何度も何度も誘拐されました。
それは、血縁の家族や個人的な繋がりではなく、
もっと大いなるものに導かれて生きていくということです。

大いなるものとはこの世界のすべて。
世界は僕で、僕は世界。
この世界が僕を生み出し、僕がこの世界を生み出している。

だからこの世界に起きることすべてに僕は一人分の責任を持ちます。

それで再び「願い」について思います。
そして、以下のような結論に達しました。

それが道の途上にあるものならば必ず実現する。
なぜなら僕は心の道を極めるから。

それは手に入れようとするものではなく、自然となるもの。

これから価値あるものとして僕のいろいろな思いが表現されていきます。

それが天との約束だから。

ちなみにかぼちゃは今、僕の最も好きな食べ物となっています。
かぼちゃはきっと僕にとって天からの使者なのです(^-^)




☆彡 ☆彡 ☆彡

この文章、だいたいそうだなと思えるのですが、「願い」についての結論でおかしくなります。道は未知だからこそ道と言えます。それなのに、僕は「必ず実現する」と書いています。変化変容を繰り返すのがこの世界の本質で、「願い」も常に変化するものであり、その実現はどうでもいいのです。ただ大いなるものに導かれ生きていくだけです。

そして世界に目を向けると、アメリカのトランプ大統領が「パリ協定」からの離脱を表明し、国際社会、そして人々の分断がさらに際立つようになりました。その分断は、多くの人が今の自分の想いや願いを満たそうとして生まれています。それが変化していくことは考えず、ただただ今の自分の願いや想いに固執し、その結果、違いが際立ち分断が進んでいくのです。そして平和への願いすら、それに固執することで争いや分断を生み出す原因となっています。

人は自らの想いに基づき未来を固定しようとして道を外れて来ました。未知であるからこそ道であり、未来を固定しようとする思惑は滞りへと繋がっていきます。それが今の地球の姿です。未知なる道、未知なる未来に向けて自らの想いを解放する時、思いもよらない出来事をただただ楽しむことが出来ます。それは人智を超えた動きであり、すべてを一つにする動きであり、そこに未来への希望があります。

僕は道を歩みます。それは未知への旅であり、ただ出会うことを楽しむ旅です。

今朝の富士山と太陽です(^-^)






Your left Slidebar content. -->