スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

余裕がほとばしり出るような徳の積み方(2017)

大いなる力には大いなる責任が伴う」に書いたように、僕には心の道を歩む責任があると思っています。とは言っても、人には結果をコントロールすることは出来ません。未来がどうなるかはいつも未知であり、未知だからこそ道と言えます。だからただいつも目の前の出来事に丁寧に向き合うだけであり、結果やそれに伴う評価については完全に手放すことになります。

ところで僕は2年前の6月、いさどんからこんな言葉を貰っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

なかのんは真面目で一生懸命やっているが、もう少しそこに余裕があると、あの人は本当に徳を積んでいるねということなんだけど、一生懸命「この道だぁぁぁ」とやっていると、そこに余裕がないと、何とか一生懸命気合いを入れてそこを保っているという状態。

余裕がほとばしり出るような徳の積み方というものがある。



☆彡 ☆彡 ☆彡

2年前に比べると今の自分には大分、余裕があります。その余裕がどこから来るかと言ったら、結果や形に囚われない姿勢から生まれているのだと思っています。

結果や形に囚われない。

言葉では当時も同じことを語っています。ですが、これは頭の理解ではなく体験を通して育まれていく姿勢です。自らを分けると書く「自分」は、この世界を切り取り固定することを求めます。そして自らが切り取った世界に対する評価や承認を求めます。その「自分」、自我の動きから自由となり、そこから「自分」を眺め、「自分」を育んでいくのです。これは終わりのない旅であり、僕はこれからさらに自由となり、余裕を育んでいくことでしょう。

多くの人は自らの思惑で状況を変化させようとします。そして努力をするのですが、その努力は現実とぶつかりなかなか思うようには進まないものです。自分と相いれない他者の思惑に出会い、苛立ち苦しむことになります。フランスや韓国の大統領選挙、そしてアメリカによるパリ協定離脱宣言と社会の分断を表すニュースが続いていますが、それらは多くの人々が自らの思惑に基づき努力をした結果です。今、人智による努力は社会を混乱させています。

ですが、結果や形から自由となり余裕を育んでいくと出会う出来事が変化していきます。そして、その変化を楽しむことが出来ます。それは自らの想像を超えた世界で、様々な立場の人を繋げていきます。人智を超えた大いなる流れ。人々がそれを意識し委ねた時、世界はきっと新しい扉を開くのだと思います。

そんな心を育むための集まりが2017年7月15日(土)~17日(月)まで開催される第11回大人サミット~私たちはこれから何を目指すのか〜」です。以下、案内文を引用しますね。

☆彡 ☆彡 ☆彡


人は、見えないと「どうなるかわからない」と不安になり、未知なるものを恐怖に感じて何とか現状を維持しようとします。ところが地球は、広大な宇宙空間を実に秒速30kmというスピードで、らせんを描きながら常に未知なるところへ未知なるところへと進み続けています。どんなに今いる場所を絶対だと思っても、次の瞬間にはもう、私たちはまったく違った新しい場所にいるのです。変化変容し続けるのが地球の、そして宇宙の実体であり、そのエネルギーは我々人間の力など到底及ばない、とてつもなく大きなものなのです。

宇宙探査機が目的地に向かう時に、「スイングバイ」という方法を使うことがあります。探査機のエネルギーだけで遥か彼方の目的地に行こうとすれば、莫大なエネルギーが必要になります。そこでどうするのかというと、天体のエネルギーを利用するのです。とてつもないエネルギーで宇宙を移動し続ける天体の引力を利用し、その公転軌道に乗ることで探査機の推進力を上げ、しかるべきタイミングで軌道を離れて目的地に向かえば、少ない燃料で効率よく到達することができます。探査機だけの力では行けなくとも、天体の推進力に乗ればいいのです。

今、最も力強い推進力は、20121221日の「銀河の冬至」から始まった新たな時代の流れです。地球が一年に一度冬至を越えて光を増していくように、太陽系もまた25800年ぶりの冬至を越えて、闇の時代から光の時代へと切り替わる大転換期が始まりました。今こそ、私たち人類は出口の見えない混乱を抜け出し、この壮大なる時代の流れにスイングバイする時がやってきたのです。その先には必ず、今はまだ見ぬ新たな世界があります。もしも今あなたが生き辛さを抱えているとしたら、それはきっと「そろそろ新たなルートへ進みなさい」という天からのメッセージであり、あなたへの追い風なのです。

さあ、準備は整いました。個々が幸せを求めて一生懸命エネルギーを費やしてきた結果が今の社会ならば、個々の囚われを手放し、大いなる時代の流れに乗る時がやってきたのです。これから世界には、大変革の時が訪れます。人々が恐れようと理解できなかろうと、確実に時代はその方向へ進んでいます。その時代の流れを感じ、そこに乗って新たな世界へと踏み出した時、私たち人類はこの世界に生きる真の意味に目覚め、時代と共に希望溢れる未来を創造していくことができるようになるのです。そして、世界に二つとないあなただけの人生の花が美しく花開くことになるでしょう。


どうぞ共に時代に乗って、新たな世界へスイングバイしませんか。

☆彡 ☆彡 ☆彡

自らの思惑を叶えるのではなく、ただ出会う出来事を楽しんでいく。その結果、人と人が繋がり幸せになっていく。そんな心を育みたい方。是非、大人サミットにご参加下さい。共に未知の未来を楽しみましょう(^-^)


2016年7月に開催された第10回大人サミットの様子です。

コメント

人気の投稿(過去1年間)