突破口は気づきにある(2019年山羊座新月を迎えて)

以下は4年前の大人ミーティングでのジイジの言葉です。

☆彡 ☆彡 ☆彡


物事の捉え方はたくさんあってね。

善意で捉えようと思ったら、
この世界にある全てのことは、
善意になるんだよ。

ただ、
人にはそれを善意で捉える力がないだけなんだよ。

宇宙は全て善意でできている。

なぜかというと、
宇宙は調和でできているから。

調和は、
悪意では保てない。

調和は、
善意によってしか、
成り立たない。

だから、
物事を善意で捉えられないときには、
自分が未熟だと思わないといけない。

そこを悪意で捉えるということは、
自分を観ないで、
悪意は相手から来ると思っているのだけど、
悪意は、
自らの未熟さから生まれるものなんだよ。

だから、
自分が言っていることは全て、
自分自身を表しているんだよ。

そこに気付かないと、
自らを改めることはできないね。

人間というものは、
必ず自分の都合の良いように
答えを求めようとするんだよ。

だから、
自分の本心があっても、
そういった人たちは「けど」「でも」と言って、
本心と違う行動を取るんだよ。

そのカラクリをわかって、
自分自身に修正の目を向けられるようになったら、
人は成長できる!

そのためには、
自らの想いをどんどん外に出していって、
まわりからフィードバックをもらい、
客観的な視点を育てていくことが大切だね。




☆彡 ☆彡 ☆彡

すべては善意で出来ている。その一方で、この世界が、陰と陽、光と闇など、相反する存在の対向発生によって生み出されているのも事実です。天は自らを認識するために闇を生み出したと言われています。すべての動きはそこから始まっています。

認識を生み出し、動きを生み出すために、天とは相反する存在して自我は生み出されました。その存在理由は、天から離れるためではなく、天との対向発生から新しいものを生み出すことにあります。天とは相反する存在として生み出された自我は、本質的に未熟な存在となっています。その未熟のままに行動し、自分で生きていると勘違いすることで、社会に分断や対立は広がっていったのだと思います。

善意により繋がり愛が生まれ、調和がもたらされる

これもジイジの言葉ですが、この宇宙のすべてを生み出している善意は、すべての存在を繋げていきます。その善意の存在に気づくことで、未熟な自我と天との対向発生が生まれ、一人ひとりの特性が生かされ、豊かな個性が花開き調和した世界が生まれるのだと思います。

自分の中の奥の奥を観たら、この世界の大本の想い、善意により繋がりたいという気持ちしかないのだと思います。ただそれだけで、それはニュートラルな想いなんだけれども、例えば、アピールしたい気持ちが生じたり、なんでもないふりをしたくなったり、分かって欲しいと甘えたくなったり、すねたり、一人になりたくなったりするのは、魂の形が生み出すパターンに過ぎないのだと思います。そのパターンとパターンが絡み合って人間社会は複雑になっていくのですが、この魂の形は見通すことで超えることが出来て、これを超えて全体の中で生かしていくことが、悟り(差取り)であり、そこへと至る過程が、一人ひとりのオリジナルな物語であり、心の道であり、この世界に豊かな彩りをもたらすのです。

だから僕の心掛ける姿勢はこんな感じとなります。


☆彡 ☆彡 ☆彡

我々の直面する重要な問題は、それを作った時と同じ考えのレベルで解決することはできない。

上記はアインシュタインの有名な言葉ですが、今、直面している問題は自分たちの想いの結果生み出されたものです。自分の想いを通そうとしても、突破できないのは当然と言えます。ですが、人はそれを周囲のせいにすることもあります。自分の考えは正しいのに周りの理解がないから実現出来ない。こんなふうに考え、それに固執し、その結果、停滞していくのですが、それも自分の想いが生み出している現実です。

気づきとはこの世界に対する理解です。それを得るためには世界に起きていることをただの情報として眺める視点が必要となります。感情や思惑が挟まると世界は自分の色に染まっていきます。そして、想いのままに行動することになり、そこに気づきは生まれません。

人は他者からの理解を求めるものです。ですが、その時理解される自分とは今の自分であり、今の自分が現在の問題を作ってきたのです。だから他者からの理解を求めることはないのです。そうではなく、ただ世界や他者を理解していく。そのことに努めた時、自ずと気づきは生まれ、それが新しい動きとなっていきます。




☆彡 ☆彡 ☆彡

生きていれば様々な課題や問題に直面しますが、それは今までの自分の人生の結果であり、今の「想い」が生み出しているものです。それでも理解を求める気持ちは生まれますが、その気持ちを超えて、ただただ大本にある善意の心で世界や他者を理解し繋がっていく。そうして新しい動きを生み出していく。僕はそんなふうに生きていきます。

1月6日午前10時29分に山羊座新月となりました。2019年、最初の新月を迎えて僕はこんなふうに自分の姿勢を確認しました。


1月3日の太陽。この日の太陽は1年で最も地球に近づいていました。


0 コメント:

Your left Slidebar content. -->